ここから本文です

超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります! (2008)

監督
山口晋
  • みたいムービー 42
  • みたログ 187

4.28 / 評価:100件

楽しかったー♪

  • bro******** さん
  • 2008年3月14日 3時17分
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

ダークケロロ、制作発表で見た着ぐるみが怖かったから一体どんな…と思ってましたが、想像してたよりかわいかったなあ。
今回の"3"は、どのキャラもまんべんなく動いて活躍、アクションシーンも多くて面白かったです!

今回は特にクルルとサブローがカッコよかったですね~。イイ関係です、この2人! 特にサブローが美味しい役回り!
そして作中、何と言っても1/1ガンダムの登場が熱い!!
途中から、そうなるんじゃないかと言う展開にどんどん転がって、こっちもニヤニヤしっぱなし。サンライズ+バンダイだからこそ実現した、ある意味で劇場版の山場(!?)と言っても過言ではないそのシーン、ファースト見てた人は必見!

ところで、渡辺さんがダークケロロとの二役をやっている訳ですが。
「渡辺さんと違和感のない声優さんだなー。誰なんだろう」
なんて、恥ずかしながら途中まで思っておりました。
それくらい演じ分けをしていました。さすがです!
今回敵側キャラ・シヴァヴァで高山みなみさんが出演していましたが、彼女の声はホントに主人公オーラばんばん出てますねえ。
同じ立ち位置のドルルは影薄い感が…と思ったら、こっちはルー大柴さん。口数が少ない役とは言え、プロの声優さんと混じっても違和感がなかったので気づきませんでした。低くて案外いい声でしたね!
一方、違和感あったのは申し訳ないけどやはりナスカ役・福田沙紀さんかなぁ…。
話題づくりのために、主題歌含め毎回タレントを使うのは商売上仕方ないとは思うのですが、棒読み+ちょっと声のトーンが低すぎるのかなあ。
比べて悪いけれど"2"のマール役だった辻ちゃんは巧かった!
ついでに『武者ケロ』の藤崎マーケットも歌が巧かった!

気になったのは人物の作画。
あくまでも個人的な印象ですが、人間キャラにあまり華がなかったように見えました。
それと全員、なで肩過ぎませんか…。(作画監督の個性とも言えるのでしょうが)
あちこちというか全編にわたって目につき、気になったのは自分だけでしょうか。

あとは"空中都市"の設定、あまり生きてなかったような……もっとうまく使ったらいい雰囲気が出たと思うのに、残念。
単に巨大飛行船の上部に街っぽいオブジェが張り付いていた印象でした。

そんな気になるポイントはあれど、今回の超劇場版3は尺が短いなどの印象もなく、安心してゆっくり心から楽しめました。
テーマは"信頼"でしょうか。侵略者であるはずのケロロ達と地球人との絆と、そういうものを持っていないダークケロロとの対比は、子供にもわかりやすく描かれていたのでは。
なによりラストはハッピーエンド(?)、ダークケロロの健闘を祈る!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ