ここから本文です

本日の猫事情 (2007)

監督
中川究矢
  • みたいムービー 12
  • みたログ 26

3.09 / 評価:11件

大根役者

  • lily さん
  • 2008年6月9日 22時36分
  • 閲覧数 453
  • 役立ち度 19
    • 総合評価
    • ★★★★★

好みの問題かも知れないけど、アタシは全然ダメだった。。
最初の5分で嫌になり、観るのも苦痛に。

猫は大好きなんです、うちにもゴロゴロいるし。
(最長齢の猫は来月で17才!)
でも猫って役者としてはこの上ない大根だと思う。
にゃんこザムービーのようなドキュメンタリーはいいんだけど
ストーリーを持たせると、どうも…(*´д`)
大昔、子猫物語を観た時と同じ居心地の悪さを覚えた。

猫はやっぱ素がカワイイ。
猫が歩く。
水を飲むためとか、ご飯、トイレ、鳥の声に反応して。
他、歩いてる時って意味も目的もないように思う。
意味はないけど、あっちに行きたいから、そっちに行ってみたいから。
それが猫だってアタシは思ってるんだけど。
だからそんな猫に物語って不自然だと思うのよね。
(漫画は別、表情があるから)

猫が好きだけど飼えない、飼ったことがない人にはいいかもと思う。
スタジオで撮影したと思われる、いかにも高級そうで綺麗な猫のカレンダー。
小道具は籠や毛糸。
そういうカレンダーより、猟師町、カメラにガンを飛ばす目つきの悪い猫、
そんなカレンダーが好きな人にはこの映画は無理かと。

Yuotubeで、カメラ目線で黙々とルームランナーの上を歩く猫の動画がある。
それの方がよっぽど面白く、愛らしい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ