ここから本文です

長い長い殺人 (2007)

監督
麻生学
  • みたいムービー 75
  • みたログ 440

2.84 / 評価:145件

目的外を撮りすぎて、本命薄れる

  • k2b***** さん
  • 2018年4月17日 1時13分
  • 閲覧数 1401
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

一体何故面白くないんだろう?その割りに最後まで見れた不思議さ。
日本映画に時々見る的がボケる感じ有ると思います、脚本の作りが悪い?

(1)財布を通してのカメラは、撮影中もくどいかなーと自覚有ったと思います。
(2)各シーン毎カメラは、刑事の響ー長塚京三さんから始まるのは、財布より良かったし、娘やローンの事は丁寧に彼の人物設定で良い所です。
(3)逆に主犯格の塚田は、人物設定をボカシ見ている人に、不気味な感じをカメラは与え、谷原章介の演技もサスペンスとして良いと感心して見ました悪くないです。
(4)全体をショートストーリーで作り繋げて行く、これも明快で良いです最後まで見れた原因と思います。

でも何かパンチ不足を感じるのは何故?

物語は、犯人を一度特定出来るように仕組み、後にどんでん返しを作りましたが見ていて『この展開は苦しい』と感じたのはサスペンスとするとかなりマイナスですが・・・この辺りがしらける原因かもしれません。
カメラの映像も最後まで、テレビドラマ的なスケールでカメラセンス如何ですか?監督のセンス出る重要な部分ですが。

全体的に悪くないのに、2度は見ないと思わせる最近の映画の一つです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ