ここから本文です

長い長い殺人 (2007)

監督
麻生学
  • みたいムービー 74
  • みたログ 428

2.82 / 評価:135件

ダサい犯人とダサい語り部で完全ダサい映画

  • サンゴ さん
  • 2019年5月14日 22時07分
  • 閲覧数 886
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

見ているうちにどんどんつまらなくなっていく珍しい映画だった。
豪華キャストだし宮部みゆき作品だし最初は見ごたえがあるように感じる。
それがどんどん気持ち悪い部分が増えてきて、展開は遅いし時間は長いし盛り上がるところはないし、ストーリーはどんどん退屈になり、最後の最後には「見なきゃよかった!」ってレベルで嫌いになっていた。

語り部が財布っていうのがもう、最初から違和感あったけど、何度も何度も出てきて、そのたびにどんどん気持ち悪さが増してきた。

何より、こういう映画って、犯人が魅力的かどうかが非常に重要だと思うんですよ。
この人になら騙されてもいいって思っちゃうぐらいの色気というか。圧倒的な魅力。
谷原章介さんと伊藤裕子さんに、そんな魅力あります??
キャスティングミスとしか言いようがない。
言っちゃ悪いけど、二人とも雑魚キャラじゃないですか。
大勢殺されるミステリーなら、最初に殺されるカップルぐらいの。
豪華キャストなのに、なんでこの最重要ポジをこの二人に???
演技力があるわけでもない、特に魅力があるわけでもないこのコンビに??
演技力がいまいちなら、せめてものすごい美形だとかものすごい人気だとか、何か必要でしょうよ・・・

で、終盤に突然出てくる窪塚俊介さん演じる一也。
ないわー、ほんとにないわー、完全にないわー。
こんなしょぼい犯人いる???
ほかは豪華キャスト揃えといて、最後の大物がこれ???
なんで谷原章介と伊藤裕子と窪塚俊介なんだ!
キャスティング考えた奴才能ゼロ。

映画自体もダラダラ長いし盛り上がるところほぼないし、ずーっと気持ち悪くてスッキリしないし、そのわりにはこういう映画を評価しない奴は映画見る才能がないとか、制作陣思ってんじゃねーのー? っていうような傲慢さが見え隠れして、もうほんっと嫌いな映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ