2008年4月26日公開

砂時計

1212008年4月26日公開
砂時計
3.0

/ 560

14%
22%
29%
21%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(374件)


  • t_s********

    3.0

    予想通りの展開

    でしたが、予想通りになると嬉しいもので、まぁ良かったかな。 モテて良いなぁ笑

  • y_a********

    4.0

    ネタバレ心情の描写がうまい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • シンハ

    3.0

    一年砂時計

    「過去が未来になったよ」というセリフと 一年砂時計が印象に残りました。 島根県の仁摩サンドミュージアムってところにあるんですか? せっかく公開されているものを見なかった後悔で、苦シマネぇように、 一年砂時計がひっくり返る様子は、生きてるうちにサンドは見ておきたいもんですね。えっ、入館料730円???、、、たかっ!!(笑)

  • たまごロール

    2.0

    ホラー映画のような心象風景。畑違い?

    原作漫画は未読です。TVドラマは途中まで見ていましたが、配信で見つけて今更鑑賞。2008年の作品なので、このレビューの時点から10年前になります。とにかく夏帆さんが良い・・・でもそれだけです。 TVドラマ版にあった「キラキラ感」が微塵もなく、この映画だけみる観客は主人公杏がワガママで暗くて重くて、どうして大悟が生涯愛し続けられたのかが理解出来ないと思います。 この作品の軸になる大事な部分なので、ここでつまづくと全く感動出来なくなります。映像も全体に暗く、途中突然挟まれるホラーもどきの心象映像には驚くと同時に嫌悪感を抱きますし、(その部分の映像だけよく出来過ぎてて)インパクトが強すぎ、物語全体を重くしてしまい、映画の印象を損なってしまっています。 時間軸が行ったり来たりし、挙句の果てには母親の幽霊?と掛け合う場面が挟まり、観客を混乱させてしまいます。椎香さんが自殺したのかと思ってしまいました(苦笑)。 このスタッフはホラー作品を作るべきで、畑違いの世界に間違って入ってしまったような後味の悪いハッピーエンドとなってしまいました。

  • green

    4.0

    何故、松下奈緒?

    夏帆と池松君が凄く良かったです。 残念なのは松下奈緒。 ミムラとか、もっと他の女優さんはいなかったのか? 松下奈緒さんで興醒めです。

  • es_********

    3.0

    池松くん

    ストーリーは正直まぁ、そこそこな感じ。 砂時計が上下するように、時系列も行ったり来たりクロスしながら進んで行く。 遺伝子のイタズラは時には残酷だ。もし自分も…と。 病気、性格、運命までも血が支配しているのかと怖くなるのって誰にでもあるんじゃないかな。 余談ですが 若い池松くんがかわいいね。 もしやエロシーンが!と期待したけど、キスシーンまでだったか(笑

  • chi********

    4.0

    ネタバレまだ途中ですが,,全部みました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • さーたん

    3.0

    池松クン、いいね!

    池松壮亮が、中学生から高校生時代を演じています 多感な時期を見事に。 初恋の甘酸っぱいストーリーかと思いきや、なんともメンヘラのお話になってしまい、そこは、?な感じでしたが、まあ、最後は、しあわせをつかんでいく感じで、そこそこ楽しめました。

  • Story Teller

    4.0

    山がきれいでしたね。良い映画です。

    砂時計。戻せない時間。 純粋な少年と少女の恋。 時間、環境。 美しい山村で繰り広げられる儚い恋の結末は静かに心に入ってきました。 良かったですよ。

  • paj********

    4.0

    ネタバレ映像が美しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yuk********

    2.0

    夏帆好きにはたまらないけど…

    とにかく夏帆がかわいい!演技もうまい!天才だと思う。 でもストーリーは原作から面白いとこ省いて、短くした感じ!

  • むじこ

    5.0

    面白い

    とても良かった。島根旅行の前に見ました。切なくて何度も泣きました。海もとてもきれいでした。

  • cyborg_she_loves

    1.0

    時間が切り替わりすぎ

     原作もドラマも見てなくて映画単体の印象ですが、これだけ離れた時間を何十回も交互に入れ替えたら、見てる方はパズルを解くみたいにいちいち話を頭の中で組み立てながら理解しないといけません。  しかも同一人物を演ずる俳優さんが10年前と後で変わっていますから、これはあの人で、これはあの人で、といちいち確認しながら見ないといけない。しまいに、なんでおれ映画ひとつ見るのにこんな苦労しないといかんの? って気分になります。  さらに、私はこの杏という人の考え方に、共感できないし、共感したくもないし、共感してはいけないとも思います。「杏はいつも自分のことばかり考えてる」という台詞のとおり、この映画の中で、杏が大悟のために何かしてあげたい、大悟を理解してあげたい、という考え方をしているシーンがひとつもありません。彼女の大悟に対する「愛」は、大悟が支えてくれてるから大悟が好き、という身勝手なものです。他人と衝突した時も、自分が傷ついてることばかり考えていて、その時相手が何を考えていたかに目を向ける発想が根本的にありません。  だから私は「こういう人って典型的な自殺タイプの人だわ」と思って見てたら、案の定最後はそこへいくわけですが(笑)、こういう人は「あなたは一人じゃない」とどれほど周囲から言われたって、その時は立ち直っても、ちょっと何かあればすぐ戻りますよ、「私のことなんて何もわからないくせに「一人じゃない」なんて偉そうに言わないで」っていう考え方に。  だからラストシーンは、「大悟、馬鹿、おまえこんなやつにもう近づくな」と心の中で言いながら見てました。  ちなみに念のため、夏帆さんや松下奈緒さんの演技に対する評価は、杏という人物に対する評価とは根本的に別です。演技はとてもよかったと思っています。

  • rih********

    3.0

    ネタバレおばあちゃんの言葉に泣けた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ta9********

    2.0

    一度も笑いを誘うシーンがない・・・

    まじめ?な作品です。 学生時代の物語は、胸がキュンキュンきますね。 10年愛なのでしょうか。

  • まさいぬ

    2.0

    はしょり過ぎ

    ドラマの成功で映画化されたが、はしょり過ぎ、2部作にすれば良かった。ドラマは、やり込み過ぎだか映画より遥かに良かった。

  • aka********

    5.0

    いいよ

    ほんとにいいよ! だいごと、杏の素晴らしい恋愛が描けてる 本当に島根に行きたくなるし、なんというか田舎に憧れます またみたいです

  • am3********

    2.0

    時間の経過が

    時間の経過がはやすぎる、もっといろんなところ描いてほしいと漫画を読んでいた自分は思いました この物語をそもそも2時間程の映画でやるとなるとこうなってしまうか。。 でも池松壮亮演じるだいごは素晴らしいです。だいごでした。かほちゃんもかわいい♡

  • ksk********

    4.0

    音楽と映像

    映画としては平凡ですが、いきのもがかりのエンドロールでプラス☆ ラストがいいです。

  • twp********

    1.0

    残念の一言です。

    私は漫画『砂時計』が大スキです。 ベツコミ連載当時から、切なくて時には笑えて、泣いて、私の中ではとても共感できる作品だと思っていたので、ドラマ化され、次は映画化と決まったときとても楽しみで楽しみで… ドラマのキャストが納得出来ないところもありましたが、そこそこ面白かったため、映画にもとても期待しました。 時間が限られている中で、主人公・杏の気持ちや性格をどう現せるのか、大悟の杏への思いや、藤と椎香との複雑なからみ、言ったらきりがないのですが… とにかく原作のよさを映画という短い時間で『砂時計』ファンを楽しませてくれるかが楽しみだったのに… 話の流れが急すぎて、元の砂時計を知らない人が見れば、内容がよく分からない作品になってしまっているのと、ちょっとシリアスに作りすぎている。 若干怖いです。 原作を忠実に作ることは不可能かもしれないが、かなり大事なところが飛んでしまっているようにも思えました。 大悟と別れた後や佐倉との出会い… 入れて欲しいシーンは沢山有りますが… 映画を見て言える事は、 『砂時計』は短い時間で語れる作品ではありません。 全く映画化する必要がなかったと思ってしまいます。 原作・砂時計ファンの方は見る方がほとんどだと思いますが、おそらく皆さん同じことを思うでしょう…。 大事なところが抜けすぎている… 良いところは中高時代の杏を演じた夏帆と大悟を演じた池松壮亮が良かった。 そこだけです。 とても残念です。

1 ページ/19 ページ中