2008年3月8日公開

バンテージ・ポイント

VANTAGE POINT

902008年3月8日公開
バンテージ・ポイント
3.8

/ 2,076

24%
42%
24%
7%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1,198件)


  • tak********

    4.0

    面白い内容で斬新

    深夜枠のTVで何気に録画してみました。 日本原作トム・クルーズ主役のSF映画で同じような演出の映画がありましたが それとは全く異なり、一つの事件の瞬間を基に多角的に真相が明らかになって いく描き方が非常に斬新で最後まで観いってしまいました。

  • ベンジー

    4.0

    ネタバレ面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    カーチェイスやりたいなら

    わざわざ羅生門的な多様な視点は必要ないでしょ。 シガニー・ウィーバーは最初だけで、他との絡みもないし、徐々に全貌が明らかになって来るような複雑な展開を期待してしまっただけに、最後は吉本新喜劇みたくこけました。

  • 中海岸4丁目

    2.0

    ネタバレテロ犯の最期がこれかよ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 名無しの権兵衛

    3.0

    2度目の鑑賞

    あまり面白くなかった

  • yoz********

    5.0

    最後まで目が離せない

    様々な視点で見るドラマかと思ったら 少しずつ真実を見せていく内容 90分とは思えない密度だったな ラストまで見られた映画は星5だね ・最初はシークレットサービスの人が大統領かと思ったw ・弟を人質にテロに加担させる設定はなくてもいいようなw ・大統領拉致中の救急車の中で撃ち殺された人は誰だっけw

  • pok********

    3.0

    浦沢直樹系映画

    確信に近づいたと思うと ぎゅお〜〜んと遠い所にシーンが移って また確信部分まで待たされる。 浦沢直樹はそれでも面白いから 許されるけど、この映画は設定が面白い割に脚本はいまいち。 キャラクターも掘り下げが浅いし ラストもあ〜こんなもんかって感じ。 何度も同じシーンを見させられるし 目の付け所はいいんだけどね。

  • 黒子

    2.0

    オチがないような…

    意味深な設定にしておいて、オチは結局何だったのかよくわからない。

  • tat********

    3.0

    全体的に良いが、残念が1点・・・

    大統領暗殺計画の一部始終を場にい合わせたシークレットサービス、警官、観光客など異なる視点で描く。人により見えるポイントが異なる。次第に全貌が明らかになってゆく。 異なる視点からの映像はかなり楽しめる・・・が1点、少女の行動だけは首を捻らざるを得ない・・・のが残念。しかも、本作のキーポイントとなっているのがさらに残念。 ーー 2021/07/07 6

  • ldcv********

    2.0

    ネタバレ5回巻き戻されたときに怒りを感じた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 森田 拓実

    4.0

    映画日記

    アメリカ大統領暗殺テロの現場に居合わせた8人の視点から描いたサスペンス。 オムニバスのようにそれぞれ物語が展開されて、まるでドラマの予告のようにこの先どうなるのか気になるところで場面転換する演出がスリリングで効果的でした。 一人ひとりの出来事が伏線となって最後は完璧に一つにまとめる脚本・構成力の高さは見事としか言いようがありません。 これだけ大味の作品にも関わらず90分程度に収められているのでまったく飽きずに観れました。

  • hid********

    4.0

    視点

    と展開と脚本 フィクション映画としてみれば面白い作品。

  • アリストテレス

    1.0

    見て疲れる

    各登場人物の目線ばっかりで回想シーンが多過ぎる。  演説するのに防弾アイテムが何もないとは。

  • fuz********

    4.0

    面白い が、面白かった にはならない

    限りなく4に近い5ですかね。 物語自体は大統領暗殺から始まる数十分のストーリー ですから、浅いです。 その浅いストーリーをいろんな視点から見ることになるのですが… 「謎解き」とか「ドンデン返し」とか、そういうものとはちょっと 違います。 僕の好きなタイプのサスペンスではなかったんです。 すごい稚拙なんですが、絵画に例えると、僕の好みは ●ずっと自然の風景だと思ってみていたら  実は人や動物が隠れて描写されていた って感じなんですが、そうではなく、 ●なんとなく自然の風景が描かれているとわかる絵画に  モザイクがかかっていてそれがじょじょに取れていって、  細部まで見えた って感じなんですよね。 細かいところまで見えたけど… 感動とか驚きとか、無いんですね。 それでもこの映画の場合は細かくはっきりした 絵画がそれなりに綺麗に描かれていますので十分に 楽しめます。 期待しすぎたギャップで酷評になりましたが★を つけるなら5です。 見ている時は面白いんですが、おもしろかったなぁ!!とはならないです。 心は動かないので、記憶には残らない映画です。

  • ksk********

    3.0

    目線が多すぎ疲れます

    大統領暗殺テロを8つの異なる目線で描いたアクション・サスペンス。目線が替わるたびにテロの前後に時間が進んだり戻ったり、まだあんのかよって正直疲れました。工夫しすぎた映画ってのも疲れます。もっとシンプルでいいんじゃない? スリリングでスピーディーとも言えるのだけど、脳の反射神経が良くないとついていけない。中年にはちょっと辛い。カーアクションもなかなか頑張ってるが、ジェイソンボーンのパクリのようなシーン。まあヨーロッパの街中でやると結局皆同じになるよな。 シークレットサービスが主人公なので、ジェロルドバトラーと比べてしまうと、デニスクゥエイドはちょっと落ちる。でもLOSTのマシュー・フォックスが久しぶりに見れて嬉しかったが。 ずばり平均点。

  • yan********

    4.0

    圧巻のカーチェイス、繰り返しの妙

    スペインで開かれるテロ対策に関する首脳会談に出席する米国大統領が市長とともに演壇に立った時に狙撃され、演壇そのものも爆破されるという衝撃の展開。逃げ惑う人々、混乱する街並み。 普通はこの最初のシーンが全てのところ、この作品は違う人の視点で何度もそのシーンを繰り返していきます。最初はTVニュースの視点、これは視聴者に一番近い視点、そこから次々と人を変えていく度に今まで見えなかったものが見えてくる。どんどん真実に迫っていく物語。 人は目の前に映っているものの視点を自分のものと錯覚します。気持ちがその視点に向かいます。それが人を変え展開していくと、その度に感情移入する人を変えることになります。このあたりの感情の揺れ具合は恐らく人によって異なるところ。こういった部分で評価が分かれそうな作品でもあると思いました。 圧巻と思ったのは、市街でのカーチェイスのシーン。細かく撮って繋いで作っていくのだとは思いますが、あの狭い街並み、石畳の街並みを縫うように車を走らせていくシーンには目が離せなくなりました。バーンズの車体の色をブルーにしたのも正解だと思いました。あの街並みにはブルーがとても映え、周囲から浮かび上がるように車の動きが見えてきます。このスピード感はたまらないものがあります。 同じシーンを繰り返すという手法を入れる分、飽きがきてしまう懸念があります。それを分かった上で、映画としては短めの90分という尺の中に収めた判断。圧巻のカーチェイスの後、極めて短い時間で話をまとめあげている点など、エンタメ作品として、とにかく見せることに徹したとても上手い作りがされていると思いました。とても楽しませていただきました。

  • yaj********

    1.0

    ネタバレ面白くない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • smr********

    2.0

    ちょっとだるい

    最後がチープかな。それぞれの人の目線はいいけど、多すぎてまたか・・・ってなる感じがある。終わってのすっきり感もない。

  • JUNJUN

    4.0

    感想

    一つの事を、それに関わる8人の立場から見せる映画。 最後にはそれが全て一つに結びつく。 難しくもなく、楽しめた映画でした。

  • まー

    1.0

    さすがに飽きる

    暗殺~爆破のシーンを何度も見せられるのでウンザリ… 犯人も初めから何となく分かるし、 キャラ別の視点で描く必要性があるのか疑問(汗) 繰り返しなしで描けば正味1時間ドラマの内容だろうに、 あまり必要もないのに無駄に多い登場人物も含め、 水増しもたいがいにしてほしい。 無理やりドラマチック展開を演出してはいる(特に終盤) が、あまりにもやりすぎで不自然なのが逆効果… 午後ローで見るので十分な映画でした。

1 ページ/60 ページ中