ここから本文です

スーパーバッド 童貞ウォーズ (2007)

SUPERBAD

監督
グレッグ・モットーラ
  • みたいムービー 109
  • みたログ 619

3.59 / 評価:205件

非モテ系3人組の童貞卒業奮闘記

  • 一人旅 さん
  • 2020年3月15日 14時49分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

グレッグ・モットーラ監督作。

卒業を前に童貞喪失を誓った高校生3人組が繰り広げる騒動を描いた青春コメディ。

『アドベンチャーランドへようこそ』(09)、『宇宙人ポール』(10)のグレッグ・モットーラ監督の長編第2作目で、高校卒業を間近に控えたイキリ陰キャ3人組が、意中の女の子達も参加する卒業パーティー用のお酒を調達すべく街中を奔走する様子を描いた、アメリカ映画伝統の青春コメディです。

“高校卒業前に童貞卒業する”―を目標に、女の子にお酒の調達を頼まれた3人組が織りなす一連の騒動を下ネタ満載&コミカルに活写した青春コメディで、同じく童貞卒業に燃える高校生の青春を描いた往年の名作『ポーキーズ』(81)の姉妹編とも言える内容となっています。

憧れの女子との恋愛成就&初エッチを最終目標としながらも、お酒の調達に明け暮れてしまう高校生達の悪戦苦闘を中心に描いたコメディで、偽IDで酒を購入しようとして失敗したり、アホな警官コンビ(セス・ローゲン&ビル・ヘイダー)から全力で逃げ回ったり、殴り合いの喧嘩に巻き込まれたり、交通事故に2回も巻き込まれたり…といった騒動&ハプニングの連続が笑いを誘ってきますし、モテないズッコケ3人組による過激な下ネタ満載の掛け合い&悪ふざけも馬鹿馬鹿しさ万点に描かれています(女性は引くかもしれませんが…)。

冴えなかった高校生活を完全燃焼すべく一丸となって奮闘する3人組の友情と恋の行方をドタバタ騒動的に活写していますが、同時に青春の儚さと別れを感じさせる結末が味わい深い青春コメディとなっています。

蛇足)
ジョナ・ヒル扮する高校生が惚れている女の子を演じたエマ・ストーンは本作で映画デビューしました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • パニック
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ