レビュー一覧に戻る
女子競泳反乱軍

hir********

3.0

ペチ!が、すべてだ!ザッツ・オール!

どーも、「深川東宝2」での3本立が終わり、 これから、「ゴールデン・スランバー」観に行きます。 ただ、皆様のレビューを読んでいると、 ポールの、あの野太い声の「ゴ~~ルデン・スラ~ンバ~」は、かからないみたいですな さて、お気レビのヴィデオドロームさんから、「スランプ脱出」の秘訣は、 という投稿・・・「ただ、ひたすら書き続ける」だと、思うのですが・・・ マァ、私の様な「ばかレビュー」でも、なんとか1年間続きましたし、 気楽に書いていきましょう・・・ で、「女子競泳反乱軍」です。 あぁ・・・おとうさんの「ツボ」・・・競泳水着でガンス。 オープニング、いきなり「競泳水着」で登場の女の子。 胸元には「ポチッ」とな・・・・ココ、重要!テストに出ます。 で、飛び込み台にあがった「ヒップのアップ」、 そして、人差し指を、食い込んだ水着のヒップラインの所に入れて、 食い込みを直します・・・その時、引っ張った水着から指を抜くと同時に ・・・・・・・・ぺち!・・・・・・・・ これです!これ、とっても大事!赤線引っ張っておくよーに! ・・・・・・ぺち!・・・・・・・・・・ これ、監督さん、2回ぐらい繰り返し、映してました。 「こだわり職人」のチーズ・ケーキみたいで、爽やかな感動!いただきました。 言いたい事・・・しかと、受け止めました。 そ~ですなぁ~、水着と言えば、あの「ペチ!」でしたなぁ・・ 日々の暮らしに埋没していた私は、いつのまにか、あの音を忘れてました。 さて、映画の方はと言うと、いちおう「ホラー」ですが、 観終わった印象は、「競泳水着」しか残りません。 でも、いいんです。 「女子競泳反乱軍」なのですから! 題名に「偽り」無し!! 錦糸町の「魚虎」で買ったブツを肴に、お父さんの「お湯割り」のお伴として、 充分な仕事を、してくれました。 ありがとう!女子競泳反乱軍! (追伸) お気レビのosugitosiさん、いいですなぁ~、名作が大スクリーンで観れて・・・ 私の場合、 「サウンド・オブ・ミュージック」「大脱走」「七人の侍」なんか、 もう一度、スクリーンで観たいですなぁ~

閲覧数523