ここから本文です

臨死 (2007)

THE INVISIBLE

監督
デヴィッド・S・ゴイヤー
  • みたいムービー 23
  • みたログ 186

3.00 / 評価:62件

アダルトチルド連鎖

  • kus***** さん
  • 2010年4月26日 12時40分
  • 閲覧数 562
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんか、よく分かるな~、この感じって感じの作品でした。

主人公ニックのつらい気持ち、分かる。アニーの気持ちも分かる。
なぜなら、自分も似たような育ちかたしてるから。
育ち。
っていうか、この前、児童手当の申請に市役所に行ったら、それは、教育委員会の「子育て・子育ちナンタラカンタラ課」の管轄だとか言われて、わざわざ市役所から500メートルぐらい離れたところまで行かされたんですが、ふざけんなと思ったことを思い出した。
そして、”子育て”って言葉は普通に分かるが、”子育ち”ってなんだ?そんな言葉あったの?と、超激しく疑問に感じたことを、激しく思い出したのは、作品内容に全く関係がありませんので、移管です。

まあ、ニックのように、かなり極端に親子の関係が薄く育ったという訳じゃないけど、普通の家庭の方よりも、けっこう希薄な親子関係で育ったのです。
だから、ニックや、アニーの寂しさは、何となく分かるのだった。

ああいう育ち方すると、ものすごく生きづらくなるんだ。
なぜなら、一番大切な、一番愛を注いでほしい相手、親との心の絆が無いから。
だから、愛を求めて彷徨う人になる。
どこに行っても自分の居場所が無いような気がして、誰と接しても深い愛を感じられない人になる。
とても、孤独でつらいのだ。

そんな孤独な二人の若者の物語。
臨死体験の中、本当の心の絆を、親以外の他人の中に見つける。
本当の心の絆を結んだ相手は、皮肉にも、自分を傷つけたアニーだったのさ。

心の絆を人生の中で見つけたニックは、もう大丈夫ね。
自分の人生、リアルに生きることが出来るだろう。
そして、ニックは、自分の愛を他の人に分かち、心の絆をたくさん結んで、寂しい心を持つチルドレンたちをリアルな人生に戻してあげるのだろうなって感じに思いました。

なかなかナイスで、共感できるテーマの作品で、なかなかよかったのですが、もうチョイシナリオを面白くしてほしかったな。
このぐらいのレベルだと、似たようなスピリチュアル系連続ドラマ「ゴースト」の普通の一話ぐらいどす。
映画なんだから、もう少し、がんばっていただけちゃうと、もっとよかった。

そして、主人公ニック役の人、けっこうイケメンでかっこいいのですが、
胸毛が意外とボウボウごうごうハリケーン剛毛だったのが、以外でした。
やるね~、この、セクシー俳優!

星3つ+胸毛1=星4つでよろしく。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ