レビュー一覧に戻る
イントゥ・ザ・ワイルド
2008年9月6日公開

イントゥ・ザ・ワイルド

INTO THE WILD

1482008年9月6日公開

jts********

3.0

自然の中へ

ヒトは自然の中だけで生きていく事は出来ない。ナイフと火を使わなければ食事すら満足に果たせない。靴を履き服を着なければ移動する事も出来ない。全ての持ち物を捨て、ヒトとの交わりを断ち自然の一員として、その営みに加わる事はもう出来ない。  それを自覚して、どう自然と向き合って生きていくのか、どう人間社会の中へ入っていくのか、自分の一生で何を成すべきなのか、考え続けなければならない。  ヒトはそういう生き物なんだと、哀しいけれどそれが真実なんだと感じさせてくれた作品でした。彼の行動力と生きざまを尊敬するけれど、共感は全く出来なかった。母親を泣かせる奴はヒトとしてアカンと思う。

閲覧数536