レビュー一覧に戻る
TOKYO!
2008年8月16日公開

TOKYO!

TOKYO

1102008年8月16日公開

のり

3.0

抽象的で異質な東京像

東京をテーマに3人の監督による3作品、オムニバス映画。 どれも非常にあくが強く、観る人を選ぶ個性派ぞろい。 外国人から東京がどう見えているのか三者三様で、 リアリティよりもイメージ像を映像化したような作り。 「インテリア・デザイン」 自分の居場所・存在を究極の形で見つける話。 前半は割りと普通の作りだけど、後半のぐだぐだ感・・・ 「メルド」 下水道の怪人が東京の街中を闊歩する話。 前半はジョークと呼んでも良いけど、後半のネチネチ感は・・・ 「シェイキング東京」 引き篭もりがボタンを押しちゃう話。 発想がユニークで面白く、香川照之の一人舞台。 独創的、不思議と言えば聞えは良いが、 意味不明な不可解映画とも呼べる。 どれも抽象的過ぎて異質な東京。 インテリア・デザインは手ブラくらいしか印象に残らないし、 メルドはとにかくイミフで気分を害する恐れアリ。 シェイキング東京はシュールでどこかポップな感じ。 個人的にシェイキング東京はお気に入りですw 抽象的で異質な東京像をそれぞれ描いた、 三者三様のオムニバス。 非常にあくが強く、強烈な個性は排他的。 特に「メルド」は憎悪感・嫌悪感を抱く恐れアリ。 「シェイキング東京」はなかなかユニークな発想が面白く、 香川照之、蒼井優の演技に惹き込まれる。 「インテリア・デザイン」は空気w 物語というよりは”作品”と言った位置づけだろうか。

閲覧数317