ここから本文です

ダークナイト (2008)

THE DARK KNIGHT

監督
クリストファー・ノーラン
  • みたいムービー 1,466
  • みたログ 1.4万

4.39 / 評価:7730件

レビュー高すぎ

  • hig***** さん
  • 2020年11月12日 6時09分
  • 閲覧数 1310
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

レイチェル可愛くないし、ビッ○だし、さっさとジョーカーさん、こいつやっちまってくださいよと見ていて願った。自己満足な正義感でさっさと殺せるはずのジョーカーを無駄に生かし、勝手に悩んでは周りを巻き込むバットマン。殺す殺さないの二択でなくても、その間の生き地獄もあるのにね。前作の幻覚を見せる薬も活かせたのに。言葉が武器のジョーカーさんからは舌と目を奪ってあげても無力化はできたかと、殺してないからセーフでしょ?バットマンはん。

この映画をおもしろいと言わないと映画をわかってないみたいな風潮が公開当時、確かにあった。ジョーカーもそんなに深いですかね。当時から既視感というか、典型的な善悪とは何かを論じる時に出てくるキャラクターに感じたけど。日本の漫画が得意としてきた分野だけどね。もっと深いキャラもたくさんいたと思いますが。何より、あの程度の武力で裏社会やアメリカ国内の軍事力と戦うのもまあ有り得ない。思想を語るには弱すぎるんですわ。怖く思えない。だって本当に特殊部隊や軍隊を出したら制圧できてしまうでしょう。

あり得ないといえば。名乗り出ただけでバットマンになれるんかい。自白だけで認められるならみんな、バットマンだよ。そんな有名人ならバットマンが仕事してる時にアリバイが一つくらいはあるでしょう。

ただ、もちろん何度も見てるだけあって映画としては好きな部類なんです。乗り物やアイテムなどの小道具や秘密のアジト、街並み、そういう世界観にはワクワク。内容的にはビギンズのほうが個人的には不快感が少ない分好きかな。レイチェルの女優もまだマシだし。あくまで普通に楽しめるけど、過大評価されすぎてると思うので、あえての星二つ。普通ならば星三つ。

だいたい、ヒーローだけじゃないよ、闇を抱えてるのは。あっという間に殺されていくモブたちにも同じようにある。バットマンが葛藤や苦悩をみせるたびに、自分に酔いしれてるというか、半端に手を汚したくない気持ちも、どこかで自分は特別な存在であることを疑わないエゴを感じる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ