ここから本文です

クローバーフィールド/HAKAISHA (2008)

CLOVERFIELD

監督
マット・リーヴス
  • みたいムービー 515
  • みたログ 5,020

3.10 / 評価:2989件

解説

巨大都市ニューヨークを舞台に、“未知の何者か”が大規模な破壊を繰り広げるSFパニック・アクション超大作。『M:i:III』のJ・J・エイブラムスによる徹底した秘密主義の下、“映画史上初めてタイトルも隠した映画”として全世界で話題が集中。監督はテレビドラマ「フェリシティの青春」シリーズなどを手掛けたマット・リーヴス。自由の女神の頭部が破壊され、突然眼前に落下してくるパニック映像や、巨大都市を崩壊と破滅に追い込む“HAKAISHA”など未曾有の展開に期待。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり、赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の仲間たちがサプライズ・パーティーを開く。そのパーティーの最中、突然、とてつもない爆音が聞こえ彼らが屋上へ行くと、まるで爆撃を受けたかのようにニューヨークの街がパニックに陥っていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

Copyright (C) 2008 Paramount Pictures. All rights reserved.
Copyright (C) 2008 Paramount Pictures. All rights reserved.

「クローバーフィールド/HAKAISHA」圧倒的な臨場感と忍び寄る恐怖を獲得したが、失ったものも少なくない

 「クローバーフィールド」の魅力は、いわゆる怪獣映画をアマチュアビデオのスタイルで描いたことに尽きる。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の亜流に見えるかもしれないが、この手法の採用には根拠がある。プロデューサーで発案者のJ・J・エイブラムスは、「モンスターを隠したかったからだ」と理由を説明する。「ジョーズ」におけるサメのように、観客にその姿をあまり見せないことによって、恐怖を盛り上げようとしたのだ。しかし、サメとは違って、「クローバーフィールド」に登場するのは巨大怪獣のため、通常の手法では、映らないようにするのは困難だ。そこで、アマチュアカメラマンが撮影した記録映像、というスタイルを採用した。これにより、圧倒的な臨場感と忍び寄る恐怖を獲得することに成功したのである。

 「クローバーフィールド」の長所は、同時に弱点でもある。アマチュアビデオの形式に囚われているため、物語性が希薄なのだ。通常映画のストーリー展開に近づけようという工夫は随所に見られるものの――なかでもフラッシュバック映像を挿入するアイデアは秀逸だ――、視点が固定されているうえに、主人公たちは科学者でも軍人でもないから、観客はほとんどなんの情報も明かされない。人物紹介のために用意された冒頭のパーティーシーンを除けば、あとは極限の緊張感が続いていくだけだ。

 刺激的な映像手法を用いているがゆえに、失ったものも少なくない。どちらに価値を置くかで評価が変わる作品ではないだろうか。(小西未来)

映画.com(外部リンク)

2008年4月10日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ