2008年6月21日公開

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL

1242008年6月21日公開
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
3.3

/ 3,628

17%
29%
32%
13%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1,858件)


  • カリブソング

    4.0

    大団円!

    久方ぶりの再見だがいろいろ覚えていなくて、改めて面白く観終わった\(^o^)ケイト・ブランシェットの悪役ぶりが見応えある。またしばらくしたら楽しく観られそう!

  • jim********

    3.0

    まだ続くんだよね、このシリーズ

    久しぶりにシリーズ通して観たが、今作が一番つまらない。 テンポが悪いし、アクションも大袈裟すぎ。今までが良かったので期待したが、ワンパターンを踏襲しただけ。 前作から15年後という設定なので、ハリソン・フォードが年取るのもしょうがないか。 シャイア・ラブーフも頑張っているのだけど力不足。良かったのは悪役のケイト・ブランシェット。なかなかの怪演。それとカレン・アレンは流石。安定している。 密林のカーチェイスあたりから盛り上がってきたが、前半がダレる。冒頭のネバダ核実験って、日本人にはどうなんだ?

  • hir********

    4.0

    ネタバレ娯楽作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しおびしきゅう

    5.0

    ありがとう、オックス!

    テレビ東京『午後のロードショー』で鑑賞! 2021年11月19日(金)放送分を録画で! オイラが2021年に観た、341本目の映画! 冒頭に、あの、1作目のラストに出て来た、機密を閉じ込めた木箱がたくさん並んだ、倉庫が出て来る! 米軍基地の倉庫だったんですね! 失われたアークも、チラリと登場した! 今回、敵はナチス・ドイツではなく、ソ連! 1957年の話だから、第二次世界大戦後、東西冷戦時代だ! ということですね! 核実験のど真ん中に迷い込んだインディ・ジョーンズが、冷蔵庫に隠れて無事生還するというのは、どう反応すればよいのやら! 『失われたアーク』からの続きっぽい感じが強いけど、『最後の聖戦』で繰り広げられたジョーンズ親子のやり取りが、ヘンリー・ジョーンズJr.とヘンリー・ジョーンズ三世で一部再現されている! 冒頭の倉庫で探していたのは、1947年のロズウェル事件で回収したミイラ! ロズウェル事件とは、墜落したUFOを米軍が回収したという事件! つまりそのミイラは、宇宙人?! クリスタル・スカルも、人間の手で作られたものではなく、……! 古代の謎解きと、追いかけっこアクションに、大スペクタクル! 心躍るテーマ曲に、老いてなお元気なハリソン・フォード! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • hik********

    3.0

    「コメディ」と「バカ」を履き違えている

    冒頭、車から投げ出される謎の男(まだ顔は見えない)、その傍らには“あの帽子”が! 帽子を被った男の影が映り(もう観客は大興奮)、そして遂に男インディアナ・ジョーンズの全貌が映し出され、観客の興奮は早くもマックスに。 前作からのカムバック(なんと19年ぶり!)を象徴する、文句のつけようが無いオープニングだと思う。 そこまでは良かったのだが… 本作、興行的には成功したようだが、ところが肝心の出来栄えに関しては、賛否両論となっているようだ。 私も数年ぶりに全シリーズを見直したが、どうにも“これじゃない”感というか、言い知れぬ違和感が胸に中に残った。 例えば、インディシリーズと言えば、実にコミカルなギャグシーンも見所ではあるが、本作のセンスはちょっといただけない箇所が目立つ。 あまりにも有名なのは、あの「冷蔵庫」だが、あれはもうコメディではなく、ただの馬鹿である。 インディシリーズはコメディが売りなのであって、バカ映画では決して無いはずなのだ。 (ただ「魔宮の伝説」は、一周回ってバカ映画以上のバカ映画に振り切ってはいたが。あれはあれで面白かった) 滝の三連続落下も逆にやり過ぎで白けるし、せっかく敵陣から脱出したのにすぐに流砂にハマってまた捕縛されるという展開も実にテンポレスだ。 今回の悪漢にしても、悪い意味でインパクトが強すぎる。大物女優のケイト・ウィンスレットの怪演も相まって、逆に浮いてしまっていた。 同じく浮いてしまっていたといえば。クライマックスのアレである。 個人的には嫌いな展開では無いし、監督がスピルバーグとくれば有りっちゃ有りだとは思うが、いかんせんインディシリーズのテイストにはミスマッチである。 ともあれ、不満な箇所は多かったものの、スペクタクルアクションの迫力は健在だったし、 シャイア・ラブーフ演じる破天荒な若者マットの活躍も良かったし、意外な正体も王道ながら嫌いじゃない。 何よりもカレン・アレンが「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」以来の27年ぶりの続投というのはファンにはたまらないだろう。 更になんと、日本語吹き替えも同じく土井美加氏が続投という嬉しすぎるファンサービス付きだ。 巷で酷評されているほど酷い作品ではないと思いました。

  • tam********

    1.0

    ネタバレ当時は日本人の為に作ったと話題に

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hok********

    4.0

    ネタバレ久しぶりの冒険物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nez********

    2.0

    過去作を裏切る駄作

    過去作を全て何回もリピートして観ていたけど、好きになれない。 古代マヤ文明は宇宙人の存在を知っていた説は有名だが、それを落とし込む必要があったのか?と思う。 正直、結局クリスタルスカルとはなんだったのかと言うオチの方がしっくりきたと思う。 ディズニーシーにあるアトラクションをベースに置いているが、クリスタルスカルの怒りに触れ命辛辛逃げるなんてものはない。 アトラクション乗ってる方が楽しめる。

  • say********

    2.0

    想像力の劣化

    先日CS放送で見ました。時間が経てば良い所が見つかるのではと思いましたがやはり無理でした。この監督があの「レイダース」を作った監督と同一人物であると思いたくない。あの監督のイマジネーション劣化が原因か?

  • say********

    4.0

    なんだか許せる

    自分の場合、これほどまでにリアリティのないおふざけ映画を見ると、普通なら怒りすら覚えるのだけど、何故か笑って許せる。 ストーリーとアクションはB級とさえ思える安っぽさなのに。 たぶん、理由は、キャラクター設定の魅力と、役者の魅力なんだろうと思う。ただ単に悪役をホイホイ殺すような、悪役が殺されて然るべき純然たる悪みたいな、テキトーな映画だったら、星はせいぜい2個なんだけど、そこにほんのちょっと捻りが入っている。 安っすいハンバーグなんだけど、ちょっとだけナツメグ入ってて、ソースも美味しいから、許す。てか、腹減ったら、また食べに来る。そんな感じ。 映像は申し分ない。

  • おたけ

    4.0

    面白かった

    ハリウッド的なお約束は多かったがご老体のハリソンホードでも息子の役者さんが一生懸命アクションしてくれた 次から次へとアクションの連続で楽しめました 冒険活劇としてのんびり休みの日にみるにはお勧めです

  • さえばたろう

    4.0

    伝説の男が帰ってきた!

    エリア51から始まるジェットコースタームービーだが、それに年老いたハリソンがやっとこさついてきてる感じ。でも長年ルーカスとスピルバーグが温めてたネタが満載で観る者を飽きさせない。次回インディジョーンズはあの青年が演じるのではと期待したが、ちっとも出やしないw

  • taf********

    4.0

    正統な続編としては良作

    過去作を観た後だと、 映像も進化していて 正統な続編として ストーリーも素晴らしいです。 映像の技術の進歩を感じます。 過去作は明らかな合成、作り物感がすごかったです、 ただ、 最新の映画として観ると 逆に古臭いというかテンポ感なども しょぼく感じてしまうかもしれません。 オールドファンに向けられた作られたといった感じです。

  • azuki

    3.0

    思ったほどそれほど

    宇宙人が出て来るというので、トンデモ 映画系かと思いましたが内容はまあまあ でした。元々、第1作からオカルトでし たし。 テレビ放送で満足でした。カレンアレン が、綺麗だったので星一つ、まけておき ます

  • crn********

    3.0

    ネタバレ面白かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • はらおう

    4.0

    インディ頑張ってる。

    始めはハリンソの”老い”に違和感があり、 大丈夫かと心配してましたが、 話が進むにしたがって動きにキレがでてきて、 中盤以降は昔のハリンソと同じ感じで観る事ができたので、 充分楽しむことができました。 ストーリーは、かの有名な「サイン」をルーカスさんたちが 面白おかしく冒険活劇にした感じでしょうか。 カーチェイス、ジェットでズバーン(かなり笑)、 ムシー!!、つばぜり合い、なぐりあい、 ハラハラドキドキお決まりのパターンでしたが、 ハリンソと共に3世、マリオン、マックと脇を固める 面々との良いコンビプレイで常に新鮮に感じました。 ニコラストレジャーやハムハムトラといった 冒険映画は数々ありますが、 これを観たらやっぱりインディが一番だと再認識しました。 2008/7/22

  • mac********

    4.0

    ネタバレ面白かったですが

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sss

    3.0

    第4弾

    2回目観たが全く覚えていなかった。今回も大人が観れる作品であったが、ストーリーに面白みがない。おっかけっこしてるだけ。使い古されて見慣れたワクワクしない冒険もの。/4.5(202001)

  • yha********

    4.0

    蟻のシーンは印象的

    蟻のシーンは印象的でした。 1,2、3の頃の映像技術では撮れなかったシーン。時間と技術が進んだことをうかがわせます。 最後の宇宙人(宇宙船)描写は、似つかわしくないというか、イマイチでした。 最近はこういう楽しめる冒険モノシリーズが少ないので貴重です。

  • stomp

    1.0

    最悪なストーリー&展開

    せっかくこれ迄築いてきたものを、この作品で全てムダにした歴史的にも貴重な駄作、相当に酷い 無駄で不愉快な核実験、そしてオチは三流の宇宙モノに仕立ててしまった浅はかさ 今まで関わったスタッフは誰も止めなかったの?

1 ページ/93 ページ中