レビュー一覧に戻る
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
2008年5月17日公開

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

CHARLIE WILSON'S WAR

1012008年5月17日公開

riy********

4.0

ネタバレそこにも「人」はいるのよ・・

皆様がお書きの通り、予告編の軽さとは全く無縁の重い内容。 アフガンの歴史はおろか、世界情勢にさえ殆ど無知 (知ってるのはタリバンによるバーミヤン仏像の破壊くらい)の 私には、はっきり言ってチンプンカンプンの世界でした。 犠牲になった子供たち、子供を失った親たち、何の罪もない人々が 辛い思いをしています。少ない配給、それによる略奪行為、 それを目の当たりにして、どうにかしたいと思うのは当然のことだと思うけど・・ そりゃあソ連の戦闘機を打ち落としてしまえばいいのかも知れないけど、 そこにも「人」は乗ってるんだよ?その人達にだって家族はいるはずだよ? その人達はどうなるのよ?って、やっぱり思ってしまって・・ 実話が元だし、戦争なんてキレイ事じゃないんだから 「そんなモン」だってわかってるけど、あんな風にみんなで よろこんでるシーンにはどうしても共感できなかった。 最後の最後でしくじった。 その後のアフガンがどうなったのかは「いずれわかる」。 もっと軽い、サクセスストーリーを期待して見に行くと失敗しますが、 俳優陣は本当に満点。フィリップ・S・ホフマン氏は最高でした。 「ジゼル」も「エミリー」がいたのもビックリ&ニッコリ。 予想とは違う作品でしたがそれなりによかったので☆4つ!

閲覧数120