幸せのルールはママが教えてくれた
3.3

/ 42

10%
36%
33%
14%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(24件)

切ない26.0%セクシー16.0%かわいい14.0%悲しい12.0%泣ける8.0%

  • oce********

    2.0

    ルールなんか話したか?

    最後まで見たけど、リンジーが祖母の家に預けられる理由とかあったかな?と思ったが、そういう細かいところを突きつける物語ではない。 祖母の家に預けられ母と娘三代と、母の旦那との妙なつながりを描く。 リンジーが過去によって真実を分からなくなる、いわゆる頭がいかれた娘を演じるわけだが、実生活でもいかれてしまってはね(笑) ジェーン・フォンダにフェリシティ・ハフマンという、迫力あるキャスティングのみで持たせている。 焦点が娘か母なのかコロコロ変わるため、結局どの人物が描きたかったのか。 親を信じられないというリンジーの最後のあっさりした心変わりはあまりに急すぎた。 そもそも過去の部分を曖昧にする理由がさっぱり分からない奇妙な映画だった。

  • shi********

    4.0

    題名からは、想像出来ない内容

    いつも行くレンタルショップに、『日本未公開』というショップオリジナルの帯に惹かれて鑑賞しました。そして、コメディのところにありました。 なんか、ほろりと泣けて+笑えて良い話なんだろうなぁ・・・と思い見始めたところ。。。 ダークです。もう、設定がとにかくダークで、悲しいものです。 Yahoo!映画の紹介には『反抗期の娘が成長していく姿を中心にそれぞれ問題を抱えた三世代母子の絆をハートフルに描いたファミリー・ドラマ』とありますが、こんな生半可な言葉で片付けたらいけないような気がします。 まず、反抗期の娘(リンジー・ローハン)とありますが、彼女は決して反抗期と言うよりも、ある事件を皮切りに反抗的になってしまった。というのが正しいと思います。 (弱い娘なら、自殺でもしてしまいそうなくらいです) 良くあったら困りますが、こういう悩みを抱えている少女や家庭は、少なからずありそうだなぁ・・・と思いました。 (母親が娘のSOSに気づけないところなど) そしてジェーン・フォンダが祖母役を好演していますが、凄く若いっ!!!!!と思ってしまいます。とても70才と思えないです♪(2007年の作品だそうで) なんか、走っても速そうなそんな気さえしてしまいました。 ちょっと残念なのが、この作品の終わり方と邦題です。 なんか、『え~、ここで終わるの?てか、娘よそれでいいの?』と思ってしまいます。 (ラスト付近で時間内で無理やり、話を作って納得させるような・・・) そして邦題・・・原題は『ジャージニア・ルール』みたいですが、これで良くないですかね????どうすれば、こんな邦題になったのかが、不思議でしょうがありません。 作品を見たら、こんな題名思いつかないと思うのですが、ラスト5分だけ見てつけたのかなぁ・・・なんて思っています。

  • mu_********

    5.0

    成長し合って

    三人の人間模様がとても面白かったです。それぞれの立場になってみないと分からない事や気が付かない事があって当然と思えるようになりました。自分を責めたくなるのも心を持った人間なら誰しも起こることで、上下関係など関係なく、互いに成長し合って行くことが人生と強く感じました。そして、それが連鎖して、周囲の人たちも変わっていく様もとても楽しめました。 終盤には、苦しい気持ちを開放していく彼女達を見ていて嬉しくなりました。愛し方、善悪やマナーが分からないまま育ってしまったけれど、打ち明けたことと、温かく理解ある家族がいることで、少しずつ良い方向へ向かっていくと思います。 また、女優陣の美しさと凛々しさと爽快さにパワーを貰えました。

  • tom********

    4.0

    親子の絆☆

    ケーブルテレビでやっていたので何となく観だしましたが、以外と面白かったです。 10代のころ、親から言われることにすべて反抗したくなるような、尖った時期ってありましたよね… まして、親にもアル中など胸を張れない何かがあるなら尚更… でも、親や子供を信じてあげるってただそれだけでも大切なことですよね。 心温まる…とまではいきませんが、何となく後味が良い映画でした♪

  • chu********

    4.0

    リンジー・ローハンは魅力的な女優さん。

    ミーンガールを見た時は、かわいい女優さんだな~と思っただけなんですが、 この作品はリンジーの演技や魅力がキラリと光るだと思います。 ボートでの困惑した顔や、嫌がらせする女学生に怒るシーン、 どれも魅力的で彼女の女優としての才能(大げさ?)を感じました。 他の女優さんだったら、ただかわいそうな話でおわってたんじゃないんかな。 (これはハートフルコメディではないと思います。) ゴシップばかりで騒がれてるのはもったいない! もっとよい作品にたくさん出て、女優として光ってるリンジーを観たいです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
幸せのルールはママが教えてくれた

原題
GEORGIA RULE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル