ここから本文です

築地魚河岸三代目 (2008)

監督
松原信吾
  • みたいムービー 186
  • みたログ 779

3.32 / 評価:288件

解説

小学館「ビッグコミック」にて連載中の同名人気コミックを映画化した人情ドラマ。エリート商社マンから築地魚河岸の仲卸業者に転身した主人公が、悪戦苦闘しながら成長していく姿を描く。監督は数多くのテレビドラマを手掛けてきたベテラン松原信吾。主演は実際に父方の祖父が築地市場で仲卸業を営んでいたという大沢たかお。その恋人役に『犬と私の10の約束』の田中麗奈がふんするほか、伊原剛志、柄本明、伊東四朗など実力派キャストが顔をそろえる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

一流企業に勤める旬太郎(大沢たかお)は、大がかりなリストラの陣頭指揮を任される。やり場のない気持ちに悩んでいた彼は、ひょんなことから恋人の実家の家業である築地市場の仲卸業を手伝うことになる。魚河岸独特のルールや人間関係に悪戦苦闘する中、サラリーマン生活に疑問を感じはじめた彼は、会社を辞めることを決意する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ