ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ラースと、その彼女 (2007)

LARS AND THE REAL GIRL

監督
クレイグ・ギレスピー
  • みたいムービー 747
  • みたログ 2,360

3.92 / 評価:806件

ライアン・ゴズリングがとてもいいです。

  • Shoko さん
  • 2019年8月4日 18時10分
  • 閲覧数 367
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ラ・ラ・ランド」や「ブレード・ランナー 2049」で、すっかりハリウッドのAリストになったライアン・ゴズリングさん。
2007年製作の本作は、そういえば当時、タイトルを聞いたことはあるな〜くらいの認知度だったけれど、ライアン・ゴズリング主演というので鑑賞。

えっ、リアルドールを彼女にする話?是枝監督2009年の「空気人形」みたいに人形が人間になるとか?と初めは思ったけど、人形のままだし、エッチな話でもないです。

深いトラウマで心が傷つき、人とのコミュニケーションを避けてきた彼が、妄想で人形を本物の恋人と思い込み、人形の存在とまわりの人々の理解と愛情に助けられ、再生していく話。

コメディというよりは、ファンタジー要素のある、暖かい人間ドラマです。
大きな盛り上がりがあるというより、彼を見守るような優しいタッチで、さらりと描かれています。

脚本が秀逸だと思うし、なんといってもライアン・ゴズリングの演技にひきこまれます。
彼あっての映画。

そしてキリスト教の愛を感じる町の人々の優しさが嬉しい。
こういう社会であって欲しいですよね。

女医さん役のパトリシア・クラークもよかったです。ヘレン・ミレンかと思った。似てる!

私の心に響く映画。みてよかったです。五つ星。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ