2008年3月29日公開

悲しみが乾くまで

THINGS WE LOST IN THE FIRE

1192008年3月29日公開
悲しみが乾くまで
3.8

/ 182

24%
39%
28%
6%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

夫のブライアン(デヴィッド・ドゥカヴニー)と2人の子どもに囲まれ、幸せな日々を送っていたオードリー(ハル・ベリー)。しかし、ブライアンが事件に巻き込まれ死亡。その葬儀の日、オードリーは夫の親友ジェリー(ベニチオ・デル・トロ)と再会する。ジェリーはかつて弁護士だったが、今はヘロインにおぼれ、堕落していた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(82件)

切ない28.7%悲しい20.3%泣ける15.8%ロマンチック6.9%絶望的5.9%

  • 岩上真一

    1.0

    ベニチオ・デル・トロ

    彼が出ているから視聴して見ましたが、ハル・ベリーに終始イラついてしまって途中で断念してしまった ベニチオの演技はいつも通り素晴らしかったので残念でありましたが、、

  • ごぉ

    3.0

    要は睡眠薬よりもどう「寝るか」である。

    「アメリカン・ビューティー」(1999)の監督サム・メンデスが製作。 ハル・ベリーとベニチオ・デル・トロが共演。 「マッチスティック・メン」(2003)で14歳の少女の役を、23歳で演じたアリソン・ローマンが出演。 邦題「悲しみが乾くまで」というタイトルが興味を惹きつけ、原題「THINGS WE LOST IN THE FIRE」(火事で失ったモノ)がちょっとミステリアス。 「観たい」ってずっと思っていてやっと観たこの映画。 事前情報から「火事で愛する夫を亡くした妻が、泣きながら暮らす物語か」と先入観を抱くが、物語はちょっと違うのである。(ほとんどそうなんだけど・・・) 男から一方的な暴力にあっている女性を助けるため仲介に入り、銃で撃たれて殺されてしまう夫ブライアン。 葬式の準備をしている最中、妻のオードリー(ハル・ベリー)は、夫の幼馴染で親友であるジェリー(デル・トロ)のことを思い出す。 元弁護士のジェリーは、今ではヘロイン中毒。 誰も寄り付かないジェリーに、ブライアンだけは気にかけて、優しく接していた。 葬式で出会った妻(ハル・ベリー)とジェリー(デル・トロ)のふたり。 ふとしたきっかけから、ふたりは共同生活をするようになる。 ヘロインを止めた生活は順調に日にちを重ね。 オードリーの2人の子供はよくジェリーになつき、まるでジェリーは父親代わり。 亡くなった親友の妻はハル・ベリーなもんだから、めちゃくちゃ美人で。 そんな美人から、「一緒に寝て。眠れないの・・・」なんて、誘惑ととられても全くおかしくないお誘いが・・・! 「腕枕をして」 「足を私(ハル・ベリー)のカラダに巻きつけて乗せて」 「耳たぶを触って」 そんなオーダーに忠実に応えて、ハル・ベリーを、いやもといオードリーを寝かしつける、とてもイイ子なデル・トロなのでした。 変える事ができないものを受け入れて 変える事ができるものを変える勇気を どうか下さい 今、あなたに与える事ができる善があるのだから、 遠慮だとか、私に気を遣うだとか、 そんなこと云わないで 受け入れて。 THE CINEMA P.S. 「R2D2となら、友達になれる」

  • roo********

    3.0

    観る人を選ぶ映画だろうね

    ハルベリーとベニシオデルトロの共演だが、正直な感想は、ハルベリーがイマイチ役に合ってないのと、物語の前提がわかりにくかった。既に葬式から始まって、後から回想シーンで経緯を説明したが、その経緯が不自然に思えた。ベニシオデルトロの心理描写は巧みだったものの、ハルベリーは消化不良な感じ。観る人によっては良い映画と思うが、全体的にアピールが不明確な印象を受けた。

  • kog********

    4.0

    どんな人にもある存在意義。

    当たり前なのかもしれないけれど、どんなにどん底にいるどうしようもない人にだって、誰かの救いになれる可能性はあるんですよね。ジョンを見ててそう思いました。 最初はずっと重いなぁ……としか思ってなかったのですが、終盤の方は割と清々しい、爽やかな気分で見終われましたね。 良い映画でした。

  • pin********

    3.0

    大きな主題が二つで疲れる

    大切な人を亡くした悲しみ、ドラッグからの更生、 どちらもとても複雑な心情が絡み合う主題。 この映画はその二つの大きな主題が絡み合う。 なのでストーリーは重すぎるし、なんか消化不良な感じ。 細やかな心情描写が見どころではあるので、 どちらかの主題に絞りもっと細やかに描ければ もっと名作になっていたのではないかな〜と惜しい気持ち。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
悲しみが乾くまで

原題
THINGS WE LOST IN THE FIRE

上映時間

製作国
アメリカ/イギリス

製作年度

公開日

ジャンル