ここから本文です

悲しみが乾くまで (2008)

THINGS WE LOST IN THE FIRE

監督
スサンネ・ビア
  • みたいムービー 366
  • みたログ 575

3.77 / 評価:172件

等身大の子どもの心の描写

  • ぺろ さん
  • 2011年9月24日 18時56分
  • 閲覧数 297
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

今は特になのかもしれないけれど、子どもの感情がリアルに表現されている、と強く感じる。それも随所に。目立たぬように。

大人になって理解しがたい子どもの言葉。
実は単純明解なんだけど、いつの間にかわからなくなってしまっている大人。

あたり前と思ってること、実は大人の都合。

主役は大人で大人が観る。
でも実は子どもたちが主役なんじゃないかと思えてくる。
何度も観るといい映画。
観れば観るほど好きになる1本。

子どもの心を見つめ直すための大人の映画。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ