2008年2月2日公開

chocolate/チョコレート

292008年2月2日公開
chocolate/チョコレート
3.0

/ 4

0%
50%
25%
0%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

チョコレート職人の利明(永瀬正敏)は廃業に追い込まれ、友人の空き部屋を借りて寒々と暮らしていた。密かに利明の隣の部屋に引っ越した妻のみえこ(宮本裕子)と娘(工藤あかり)も、身を寄せ合うようにひっそりと生活を送っている。バレンタインデーの日、2人は利明の部屋のノブに手作りのチョコレートを置いておき……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(1件)

ファンタジー33.3%ロマンチック33.3%知的33.3%

  • ham********

    4.0

    チョコレートってどうして美味しいのかな。

    いつかさよならが来てしまうのなら、今やめてしまえばいい。 ずっと笑顔で過ごせるのなら、もっとときめけばいい。 たくさんある種類の中から選んだチョコレートを 今までの出来事を思い返し刻んでいく。 溶かしたその甘く、ほろ苦い香りのするチョコレート。 『俺の好みじゃないな』と軽く微笑む彼の顔が浮かぶ。 知りたくても知りつくせない人の心をどうやって見つけるのか? 自分の気持ちさえもまだ知らないと言うのに・・・・・。 目を閉じて想像してみる。 ゆっくりと溶かしていくチョコの中に叶うのか、叶わないのか。 幸せのスパイスを加えて混ぜ合わせる。 気持ちが誘惑されないように型へ一気に流し込む。 『これも違うね』 そう簡単には読みあげてくれない心・・・・。 どうすることもできないみたい。 ただ待っていようか。 寒く肩をすぼめた毎日に早く春が来ないかと待ちわびているように。 『美味しいだけじゃだめなんだ、ちゃんと心が通じていなければ』 ヒントなしの制限時間のない難問クイズのよう。 チョコレートの川に流されてみたい。 チョコレートの山に埋もれてみたい。 香り、形、色、味、たくさんあるショコラがきっと教えてくれるよね。 あれもこれも話しを聞いて欲しいことあるけれど、 チョコレートの中に詰め込んで固めてしまう。 『やっと見つけたね。』 笑うあなたが甘く、ほろ苦く、忘れられない味になる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
chocolate/チョコレート

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル