ここから本文です

ポストマン (2007)

監督
今井和久
  • みたいムービー 106
  • みたログ 312

3.96 / 評価:183件

彼は心を届けるポストマン

  • jig******** さん
  • 2009年5月13日 22時50分
  • 閲覧数 216
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

意外といい。
長嶋一茂氏が主演で郵便局員の話。
どうにも惹かれる部分がないわけですが
周りのキャストが味が出ていてなかなかいいし、
娘役の北乃きいもよかった。


妻を亡くした主人公は
郵便局で郵便物を自転車で配達することにこだわりを
持っていて町の人々と接することにも積極的。
田舎とか古いタイプの郵便局員という感じで、
頼まれれば仕事の範疇を超えてでも
要望に応えようとする。
都心にいるとこういう人っていなくなったよね~とか、
こんなにべったりな人受け付けないよね~など
色々な意見が出そうですが、
個人的にはここまで干渉してくる人が
いてもいいのかなとか思いました。


あそこの人は一人暮らしの老人だから
いつも顔見せてやってとか
新人研修で言われたら、
えぇ~とか思うわけですが
作品を観ていると
こういうつながりが少なくなっている現代にこそ
必要なことなのかもと思いました。
干渉しすぎとかプライバシーの問題とか
その辺のバランスが難しいところではありますが。


母親を亡くして父親不信の娘(北乃きい)が
父親に反発するわけですが
彼女の気持ちもわかるな~と
といって
父親の気持ちもわかってやれよとは言えないわけで
俺が間に入ってやるよと
言いたくなるわけですが
そんな気持ちにさせる親子の役が
お互いに似合っていたかと思います。
長嶋一茂氏は思っていた以上に
父親という役が似合ってました。
彼が「俺の父は猟師で・・」とセリフを言ってる時は
いやいやミスターだろ。
とかそこだけは心の中で思ってしまいました。


うまく言えないですが観終わって思ったのは
悪い気はしないなということですかね。
安直な感動ものにはない味がそこにあるかなと。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ