ここから本文です

ポストマン (2007)

監督
今井和久
  • みたいムービー 106
  • みたログ 312

3.96 / 評価:183件

ハイスピード配達

  • 三流映画ファン さん
  • 2009年7月25日 23時14分
  • 閲覧数 450
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

長嶋一茂が主演と製作総指揮ってだけで敬遠したくなりますが、意外と評価が高かったので見てみました。
手紙がメインって言う話もなんだか昔懐かしくていい感じですよね~~。
年賀状や暑中見舞い以外の手紙って最近書いた記憶がほとんどない^^;
内容も若干ノスタルジック(悪く言えば古臭い)ですが主演の長嶋一茂演じる海江田龍兵もありえないぐらい昔気質の堅物人間で不器用そうで演技力はともかく(まあ役者じゃないので)めちゃくちゃ役にはまってました^^
って製作総指揮なんだからそういう風に作ったのかw

映画の内容は本当に古典的なヒューマンストーリーって感じで親子の葛藤や確執がありながらも・・・と言った感じ。
それはまあ置いておいて、家族をつなぐ手紙、そして郵便局員海江田龍兵が郵便配達に賭ける思い等、意外にも感動できる話が満載で、長嶋一茂主演だからって言う偏見で映画見なかったらもったいなかったな~と改めて映画っていいなと思わされました^^

それにしても長嶋一茂の自転車のスピードが半端なく、さすが元スポーツ選手って感じはしました!
って言うかバイクや車より早いのでは(笑)
映画の中で今時自転車(バタンコって言うんですね~)で配達するやつなんていないだろうって龍兵はみんなに言われるんですが、私の住んでるところでは普通に自転車で配達してますが(笑)
一応映画の舞台は千葉県の房総地区ってことらしいので、さすがに千葉だとバイク配達ですかね^^;
千葉でも房総地区(外房のほう?)ってのどかな感じでいいですね☆

この映画では手紙一通にかける思いみたいなのが本当に伝わりました!
現実の郵便屋さんも、そういう気持ちでやってるかは知りませんがたかが一通されど一通。
手紙ってメールなんかと違って一通が重いですよね^^;
便利になった世の中ですが、時代錯誤の手紙のやり取りって言うのもなんかしてみたくなりますねこの映画見ると。

娘役の北乃きいは結構人気あるようですが、演技力は認めつつもちょっと苦手かも^^;
でも演技力はしっかりしてるので大人になってからの活躍は期待したいです。

とにかく先入観とか無く見て欲しい作品ですね~この映画は。
ちなみに昔ケビン・コスナー主演で公開された「ポストマン」とは何の関係もありませんので(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ