レビュー一覧に戻る
永遠のこどもたち
2008年12月20日公開

永遠のこどもたち

EL ORFANATO/THE ORPHANAGE

1082008年12月20日公開

jum********

3.0

ネタバレ私には後味の悪いホラーです

ホラーは苦手ですが感動作とのレビューで観てみました。 でもなんだろぉ、これって、結局母が死んだ我が子を追って 地縛霊に呼ばれて自殺しちゃったって結末ですよね? ラスト、ネバーランド風にまとめてますが ラウラは我が子に会いたかっただけだし 子供の幽霊たちの遊び相手になりたかったわけではないはず。 あのお父さんも、我が子の叫び声にも夜中の不審な物音にも 自分はベッドの中から出もせず、最初からすべてラウラまかせです。 おまけに最後のほうは、精神的に追い詰められた妻を屋敷に残して 自分だけ出ていくって、あきらかにマズい。何かあって当然です。 で、最後は、落ちたペンダントを見て 「子供と会えたんだな。良かったな・・。」みたいな笑顔は ご都合主義的にまとめたかったのか、監督の隠蔽的悪意か・・。 他にもエピソードが、 ・罪の意識のない子供たちが仲間の障害をネタに虐めて死に追いやる。 ・その子供たちは殺された子の母親に全員毒殺される。 ・毒殺した母親も自分の子供と同じ顔かたちで最後事故死してしまう。 ・我が子の話に耳を傾けなかったラウラは自分の不注意で  最愛の我が子を殺してしまう。 ・そのラウラも罪の意識と愛情から我が子の後を追って自殺。 と、ひとつひとつのエピソードに嫌な毒があって でも誰が徹底的に悪いでもなく で、結局死後はラウラは幸せですみたいなラスト。 ま、ホラーだからこれで良いのだろうけど ブラックというか後味は悪いです。

閲覧数3,974