レビュー一覧に戻る
永遠のこどもたち
2008年12月20日公開

永遠のこどもたち

EL ORFANATO/THE ORPHANAGE

1082008年12月20日公開

ron********

5.0

悲しい哀しい物語

私も、劇中のシモンと同じくらいの歳の息子を持つ親として、終盤の展開には涙が止まりませんでした。 主要な登場人物全員が、衝撃的で、悲しい、哀しい運命を辿ります。 本当に哀しい話なんですが、ラストのシモンの両親の表情は、どちらもそれぞれ優しい表情だったのが唯一の救いでしょうか。 とにかく胸が締め付けられる傑作ですが、人によっては、気分が落ちすぎる危険がありますね。 ちなみにこの映画、ジャンルとしてはホラーになるのでしょうが、鑑賞後は母親と父親、それぞれの愛と感動が心に残り、「ホラーを観た」という感じはほとんど残りません。 …とは言っても、ホラーとしても十分怖いのですけど。(だるまさんが転んだのシーンは鳥肌モノです) とにかく普段「ホラーは観ない!」という人にも、怖いのを我慢してでも是非観てもらいたい感動作だと思います。 あと本作が気に入った方は、是非「マザーハウス 恐怖の使者」というベネズエラの映画も併せてどうぞ。 あまり知名度が高くない映画ですが、本作とは共通点が多く、こちらもホラーですが「愛が最後に残る感動作」という意味で、非常にオススメです。

閲覧数2,363