レビュー一覧に戻る
リダクテッド 真実の価値
2008年10月25日公開

リダクテッド 真実の価値

REDACTED

R15+902008年10月25日公開

dkf********

2.0

デパルマ監督の衰えが顕著な失敗作

大傑作から失敗作まで波の多いデパルマ監督にあってこれは明らかな失敗作。 米軍兵士によるイラクでの蛮行を告発するモキュメンタリーだが、もはやテーマ、手法とも陳腐で手垢のついたもの。内容よりもビジュアルを重視したかのような技巧的な作りはドラマ性が希薄で、技巧だけではメッセージは伝わらないという悪しき典型になってしまっているように思う。まるで監督が自分の才能の衰えを技巧でごまかしたような印象も感じられて、見ていて痛々しささえ感じた。 上映時間も90分。脂の乗り切っていた80年代には3時間近い大作も剛腕で魅せてくれたデパルマとは思えない小品ぶりも全盛期を知るファンには何やら寂しい限り。まあ、こんな映画を3時間見せられても困るのだが。 これでヴェネツィア映画祭銀獅子賞授賞だそうだが、それは本作への純粋な評価ではなく、デパルマへの功労賞的な意味合いもあったのでは?と思わずにはいられない。

閲覧数402