ここから本文です

リダクテッド 真実の価値 (2007)

REDACTED

監督
ブライアン・デ・パルマ
  • みたいムービー 173
  • みたログ 320

3.26 / 評価:123件

見るも鬼。見られるも鬼。

  • dkinthesea さん
  • 2009年10月24日 16時22分
  • 閲覧数 219
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 アメリカにある、一つの働き口としての軍隊。そこには日本人では分からない”命の給料”があり、そして多くの日本人には分からないだろう”国を守る”大義名分と誇りがある。
 危険を孕んでいるかの地、テロリストか民間人も見分けがつかない。そのうち自分が正気か狂気か分からなくなる。ごろっとした死が闊歩し、侮蔑と軽蔑で憂さを晴らすしかないか弱い兵士たち。それを淡々と捉えるカメラ。そしてこの映画。

 この映画が言わんとするのは、この世界は多分に不公平であるということ。それを認めろということ。
 温かい国で、下らないお笑い番組みながらポテチ頬張っている若者。その地球の裏側で、銃弾で命絶え砂を頬張るほどに土に頭がのめり込でいる人々がいる。そういう現実を、多くのメディアは追っかけない。価値がないものは追っかけない。多くのカメラは、どっかの純な芸能人の薬事件を追うので手がいっぱいなのだ。そちらの方がうまみがあるのだ。
 俺には戦地の狂気も鬼に見えるが、戦地の狂気を捉えずにCMに翻弄されるジャーナリスト気取る偽者も鬼に見える。

 ”真実の価値”はどこにあるんだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ