2008年3月29日公開

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎

IN THE REALMS OF THE UNREAL/IN THE REALMS OF THE UNREAL: THE MYSTERY OF HENRY DARGER

822008年3月29日公開
非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎
3.4

/ 37

16%
41%
22%
14%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(25件)


  • ivo********

    4.0

    ネタバレ常識の王国から

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tis********

    4.0

    彼の世界に触れること、それは不可能なのだ

    1973年、私が生まれたその年に、この世を去った人、 ヘンリー・ダーガー。 この人物の絵に偶然であい、引き込まれたことがある。 ある雑誌でたった一枚の絵をみて、なんとも不思議なインパクトを受けた。 可愛らしい少女達が、美しく暖かい色彩のもと、なんともいえないやわらかいタッチで描かれている。 しかし、その可愛らしい少女になぜか男性器がついているのだ。 私は少女だと思ったその姿はいったい・・・・? 挿絵の片隅に確か 「孤独なアーティストであり、作品は彼の死後、注目を浴びた。あまりの孤独に、女性を知らない」 というような事が書いてあったと思う。 すでに20年も前の出来事である。 そこに、この映画が飛び込んできた。 その非現実の王国の謎が分かるのだと期待して、映画館へ。 なんとも贅沢なこと、鑑賞者は私一人。 貸切の映画館で贅沢にもこの作品を観れるのだ。 15000ページの小説と、数百点にも及ぶ挿絵。 呼び名の「ダーガー」でさえ定かではなく、「ダージャ」ではないかとさえ言われている。 それほど外部と接触の無い男。 ヴィヴィアン・ガールズが動いた! あの絵が動いた! 感動した! ただ可愛らしく美しい絵ではない。 時にそのやわらかい色彩の中に、恐ろしくグロテスクな少女の表現がある。 素人なのか、天才なのか、それとも死後に発見された作品ゆえに評価されたのか・・・。 芸術とはなんとも不思議なものだと感じる。 しかし、その感動は上映30分で満喫することになる。 その後は延々と続くスライドショー。 劇場で転寝してしまったのはいつ以来だろう。 レビュを書くのも悩むほどの「癒し」だった。 繰り返し使われるたった三枚の彼の写真。 生い立ちに触れる場所の写真。 それを語る隣人達。 謎が深まるどころか、彼が一体何者なのかすら分からなくなるような組み立て。 そこにきて、ダコタ・ファニングの優しく、かわいい声。 完全にラリホーを唱えられた状態に・・・・・。 根性で目を開くが、また同じ画面。 その繰り返し。後半30分、睡魔との闘い。 ああ、ヘンリー・ダーガーさんごめんなさい。 あなたのその孤独とその素晴らしい才能、 みて楽しむだけにしておけということか。 あなたの世界に深入りしようとした事がきっといけないことなのだろう。 映画としてはあまりにも残念な構成でした。 彼の絵が好きな方は十分楽しめます。と言う事で星4つ。 動くその絵を見るだけで価値はある。 眠れない日にいいかも・・・・・・・。

  • o9t********

    5.0

    純粋であることは利己的であること

    映画はヘンリー・ダーガーが生涯をかけて紡いだ「非現実の王国で」をアニメーション(というか劇メーション)化してダコタ・ファニングがナレーションをする。というものと、ダーガーが書いていた「私の人生の歴史」という自伝のような日記に、彼を知る数少ない人のコメントを交えたものを並行させて進行させる、という、創作と現実が入り乱れて生きていたダーガーの生涯を表現するのに、実に理にかなった手法で興味深く語られていた。 スクラップコラージュカーボントレース写真拡大。 ダーガーが取る手法は本当に拙くて子供でも出来そうなものだ。 でもそれを17歳から80歳まで生涯かけて毎日やっていたというその凄まじさ。 タイプした膨大な物語、設定資料集とでも言うべき細部へのコダワリノート。 それはみんな、誰に見せるためでもない、自分のためだけに創ったものだ。 そうしないと生きられなかった、と言ってもいいかもしれない。 彼の唯一の拠り所、というより本来の彼の居場所だったのだ。 私が彼の作品を観るときにどうしても思わずにいられないこと、 「これは他人に見せるための、アートとして創ったのか?」 という問いの答えがわかったような気がした。 彼はそんなつもりは毛頭なかった。 彼は、自分が生きるために必要だったものを創っただけなのだ。 ただの生の自分、自分の思いを紙に残しただけに過ぎない。 しかし逆を言えば、それこそが「アート」である、とも言えるのかもしれない。 残念ながらダーガー本人の意思には関係なく。 ダーガーが望んでいない、それを享受するということに罪悪感とともにたまらない喜びを感じてしまっている私。 でも彼の非現実の王国は私にも身に覚えがないとは言い切れないもので それはたぶん彼に魅了された多くの人にとってもそうで 自分の不完全な非現実の王国を圧倒的に補完してくれている作品に言葉を失い 同時に安堵と興奮を覚えるのです。 ほうっておくにはダーガーが余りにも哀れだ、というのは偽善で 純粋に利己的な気持ちで彼の作品に触れます。 ああだこうだ解釈するのは止めて、そっと眺め滂沱の涙を流すに留めます。自分の為だけに。

  • mal********

    3.0

    ダーガーって知ってますか?

    世の中には不思議な人生を送った人がたくさんいるわけで、本作でその生涯を取り上げられているヘンリー・ダーガーも、死後に発見された大長編小説と数百枚の絵によって、スポットが当てられたわけです。近年では単純に”ニート””引きこもり”という言葉で片づけられそうな人物ですが、ダーガーは勤勉に働いていたし、隣人に迷惑もかけず、毎週教会に通っていたので、いわゆる”ニート””引きこもり”とは違うと思います。だから彼が少女の絵を大量に書いていても、色気やいやらしさを感じないのかもしれません。私は本作によってダーガーという人物の存在を知ったわけですが、その意味でも本作の存在意義は大きかったと感じました。もし、あなたがダーガーという人を知らない、または興味を持たられたなら、本作をきっかけにしてもらえればありがたいです。

  • am0********

    4.0

    自分と向き合いたくなる映画でした

    ダーガーさんは、子供の頃の施設での体験などから、他人と向き合うことが苦手になり、自分と向き合って×向き合って自室で過ごしたのではないでしょうか。とても切なくなりました。作品としては、ドキュメンタリーにターガーさんの小説や絵をふんだんに取り入れ、ダコタ・ファニングのナレーションも合っていたと思います。見た後に、「自分の内面を見つめてみよう」と思える映画でした。

  • sum********

    3.0

    孤独

    孤独をいかなる言葉で表現しようとしても、表現しきれない、それは真っ黒で姿形や輪郭も曖昧な、ただ敵対するにはあまりに強大の。どんなに鋭いナイフも、弓や銃器もはじかれもせず吸い込まれてしまう。誰も勝ち得ない怪物のように映り、弱点は見あたらない、せいぜい目が合わないようにするより他ない。ふいに襲われた人がいたならそれは不幸なだけなのだ、助けるなど無駄で一緒に連れ去られてしまうだけだ。 長々とくだらない比喩をしたが、つまるところこの批評も孤独の一種なのだ。

  • zoo********

    5.0

    私の謎、貴方の謎

    不覚にも涙。淡々としたドキュメンタリーなのにね。  あえて淡々とした構成にした制作者の真摯な姿勢に好感を持ちました(「頭のオカシイ異常者が異常な事してたんだって。衝撃!!異常!!過激じゃ~!!」というスペクタクル視点では全然ありませんので、そのような事を求める方は寝てしまいます。テレビの「ビックリ人間大集合」といった番組をお楽しみください)  特異な人物、ヘンリー・ダーガーの一生、及び彼のアウトサイダー芸術(正規の芸術教育の産物ではない芸術)を、関係者の証言、及び残された彼の作品を通して紹介した映画です。  何千ページにも及ぶ日記帳。3メートル以上の長大絵画が数百枚。そして1万5千ページを越える物語『非現実の王国で』。恐らく世界最長の小説。  ほとんど他人と会話する事もなく、極端な孤独の中で、彼は60年に渡り、彼の内面世界を膨大な作品群にしてきました。  本ドキュメンタリーはその作品群を紹介するに当たって、一部をアニメ化しています。  ダーガー自身は自筆で絵を書くことが出来ませんでした。よって彼はゴミ捨て場から新聞雑誌などを集め、挿絵や写真、漫画を切り集めて、上からなぞっったりして描きました。奇しくもこのスタイル、現代芸術におけるコラージュやトレースの方法と一緒ですね。  芸術における「技法」の問題など、考えさせられます。  そして、この絵巻物が異様です。  正規の美術教育を全然受けていない為、かえって尋常でない迫力があります。幼児画の稚拙感が漂いながら、しかし常人には及ばない(何らかの障害はお持ちだったと思いますが)熱意と集中力で切り合わされた、3メートル以上の長大挿絵が数百枚。  本映画を鬼気迫るものを感じる人も多いと思います。  淡々とした描写だからこそ、かえって深くヘンリー・ダーガーの内奥、興奮と華やかな色彩に満ちた彼の作品世界(内面世界)が伝わります。    本映画で見逃されがちな点。  善良で知的な大家さん夫婦(ラーナー夫妻)がいなければ、この膨大な作品群は残らなかった、この地上にヘンリー・ダーガーという人物が生きていた、という事が全く忘れ去られただろうという事(普通なら彼の偉大な作品群はゴミ箱直行)。  彼の特異性、つまり「ヘンリー・ダーガーは極端に孤独であった」という点のみに関心が行くと、もう一つの大事なポイントが忘れ去られてしまいます。  「ヘンリー・ダーガーのような極端な例ですら(善良な)隣人の存在があったからこそなのだ」と言う事(世俗的な意味合いでも、ラーナー夫妻は家賃をおまけし、親代わりで何かと相談にのったとの証言があります。彼の心が「暴発」せずに、ある種の「安定」を得ていたのは、このラーナー夫妻による所が大きい筈。因みに奥さんはキヨコ・ラーナー。日本人or日系人)    逆説的に、かえって「人と人の結びつき」の尊さといった事が浮かび上がっていたと思います。 (そういえば大体同時期の日本のアウトサイダー芸術家、山下清画伯も障害者施設「八幡学園」で良い先生に出会っていたと聞きます。山下氏の方が友人知人は多かったかな。ダーガー氏と山下氏、作品に優劣はありませんが、山下氏の作品に「開放感」や「楽天性」が漂うのは、両者のおかれた環境の差、ひいては米国の「個人主義」「厳格一神教」社会と日本の「世間」「のんき多神教」社会との違いによるのでしょうか)  この映画、自分とは関係ない「変な人の凄い事」のドキュメンタリーだと思ってしまえば、観ていない事になります。  ヘンリー・ダーガーは「私」「あなた」なのです。  ヘンリー・ダーガーは非常に先鋭的な形で「内面世界」のあり方を示しましたが、これは実は我々と本質的には同じ事なんじゃないでしょうか。  ヘンリー・ダーガーの「謎」。  普通の人は「問い掛けがあって答えのない」謎と捉えるでしょうが、本当は「答えはあるのに、問い掛けが何か判らない」謎なのではないでしょうか。  我々の人生は「答え」なのです。  「私」「あなた」は何の“問い掛け”に答えようとして、生きているのでしょうか。   映画ラスト。キヨコ・ラーナーさんの証言。  彼の部屋に入り、膨大な作品群を発見したラーナー氏はヘンリー・ダーガー氏の病室を訪ね、興奮しつつ、彼に観た事を伝える。  ヘンリー・ダーガーはかすれた声でたった一言いった。  「もう、遅いよ」  救貧院に入院した為に「作品制作(内面世界)」と切り離されたヘンリー・ダーガー氏は急速に衰弱、81歳の誕生日の翌日に息を引き取った。  「もう、遅いよ」で、泣けてきちゃったよ。

  • ins********

    4.0

    画に感動 動いて感動 映画としては...

     YAHOO!映画の中にあった 今作品の2つの画像に一目ぼれ 内容なんてどうでもいい 気になって 気になって  前売り券を購入して 楽しみにしていた作品  そんでもって劇場にて ダーガーの絵が大画面に写し出された それだけで 少し感動したんですが その絵が動き出したのには ぐっとくるほどの感動があったし 十二分に楽しめました 改めて この絵が好きになりました  なんですけれども この絵や ダーガーに対して 全くじゃなくても 興味の薄い人が観たら 短いながらも  辛い82分という時間で 緩やかで淡々とした作品なので 眠くなるかも って言うか寝ちゃうでしょうね  大きい画面で ダーガーの絵を観た方が 感動が大きいと思うが DVDにて じっくりと絵を楽しむのも いいかも  万人受けしない 退屈な作品かもしれないし 映画としては ツマラナイかもしれません 確かにそんな作品ですが 個人的には けっこう好きな作品で 感動しちゃいました        ラストカット    ダーガーの部屋の 白黒写真    本棚や机が正面にある    画面の真ん中から下に 文字がある

  • sio********

    5.0

    動く!!!

    多彩な演出と、動くヴィヴィアンガールズは必見! 少し教育テレビっぽく、多少の『作った感』はしたけれど、 それを補う、絵の素敵な色調。 ダーガーの人生には思わずホロリ。 なんとも言えない気持ちに襲われます。 「あーこうして芸術は出来上がるんだな」 私がこの映画を見て思った感想です。 だからこそ胸を打つ。 ゴッホみたいな人でした。

  • oz2********

    4.0

    ネタバレ今まで見たことのないものだった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mom********

    3.0

    接近できず

     ヘンリー・ダーガーは「アウトサイダー・アート」、「アール・ブリュ」ではもっとも人気がある作家のひとりであるのは事実だが、映画はその力と魅力に接近できていない。彼の作品に対面した時の奇妙な興奮が伝わってこない。作品を超える評伝はありようもないのだが、映画は、結局、ヘンリー・ダーガーは孤独な変人だったことを繰り返して終わる。彼の作品を画像的に加工するのは方法として感心できない。  そんなことよりも、彼が残した部屋、衣服、道具、身辺の物品、あったとすれば言葉、そういう細部を追ってくれた方が、彼の作品を観るためのよりよいテキストになったのではないか。監督に「アウトサイダー・アート」、「アール・ブリュ」に対する興味と理解があったのかどうか疑問。  ただ日本ではあまり知られていないこのジャンルを紹介したことは価値あり。

  • LuK

    2.0

    ヘンリー・ダーガーの作品は凄い!! けど

     勝手に鳴き声とか動きとか付けられて 折角人間の想像力の奥深さに触れる作品であるのに 映画製作者の想像を押し付けられるという なにか間違ってると感じさせる作品。 動きが付いて、想像の鳴き声が付いて、朗読されている・・・・ 単にフツーのドキュメンタリーでヘンリーを 知ったあとに普通に作品を読んだり観てみたかった。 これはヘンリーをダシに使った ドキュメンタリー風エンターテイメント作品 あと ヘンリー と 楳図かずお の関連について なにかあると思わせる

  • oui********

    4.0

    退屈しないドキュメンタリー。

    ダーガーがどんな人だったのか、まったく知らなかったので観れて良かったです。 とにかく彼の絵がすごく好み。惹かれました。 ドキュメンタリーって、ただのニュース映像を繋げたかのようだったり、 テレビのディスカバリーチャンネルみたいなの観てればいいじゃん?とか、 「映画」にする必要あるのか?って思ってしまうものもあって、 私はあまり得意ではないのですが、この作品は退屈にならなかったな。 まずダコタのナレーションがかわいくて、ダーガーの絵の世界を広げてくれる 感じがしました。子供がナレーションやるっていいですね。 あとアニメーションと彼の周りの人のインタビューがいい具合で入ってて、 飽きなかったし。 ダーガーをほぼ知らなかった私みたいな人には、 彼の作品を観てみたいなって思わせるきっかけになるいい作りだったと思います。

  • h_o********

    4.0

    ヘンリー・ダーガー入門

    NHKでいずれ放映されるのでは?とても丁寧に作ってあって面白かったです。 ヘンリー・ダーガーのことは、ダーガー好きの友人から少し話を聞いたり、たまに作品を見かけるくらいで、まさしく「謎」だったのですが、この映画で彼の生い立ちや時代背景、作品の概要を分かりやすく見ることができてよかったです。 個人的にはダーガーや山下清のような、作者が自分の為だけに描いている作品は、どんなに凄いものでも閉じられた感じがして(ダーガーの場合、お気に入りの少女を何人も並べているところがかなりフェティッシュで自己満足的。もっと言ってしまえばマスターベーション的で、他人に見られたら恥ずかしいものだったと推測し…)あまり作品を手元に置いておこうとは思わないのですが、「芸術」「創造」の最も根源的な在り方をダーガーの人生から発見することができました。 あと、これまた丁寧に作ってあるアニメーションですが、これはダーガーも草場の陰から喜んでくれてるんじゃないでしょうか?多分。ということで星4つにしました。

  • cs5********

    3.0

    そうだったのか!

    laychi_kさんのレビューを読んで分かりました! そうです!楳図かずおの世界観に似てました!!! ふぅ、、、 なんて表現したらいいのか困ってたので、助かりました。 ありがとうございます。 キモカワイイを越してて、私にはかなり過食気味。 彼の世界に入るのに、若干の眠気と眩暈を感じました。 あの絵が動くのが、どうもダメ。 目が付いていけない。 彼の王国は、誰かにノックされるのを待ってたんじゃないかなぁ。 「遅すぎるよ」の言葉が物語ってる気がする。

  • sag********

    4.0

    人は想像の中で生きていけるのか?

    雑誌の記事でダーガーの作品をみてとても惹かれたのですが彼の人生その物にも圧倒されました。 母を亡くした後貧しいながらも優しい父親を暮らしていた幸せな人生は8歳の時の父親の入院で終わり孤児院での厳しい暮らしに始まる苦難と孤独の人生が始まります。 作品のストーリーや大家のご主人には心を許していたという話、親しい友人が亡くなった時の深い嘆きからも彼が好んで孤独でいたのではないという事がよくわかります。 多感な時期に誰にも愛されず厳しい生活を送るしかなかった彼の経験が自分を守るために心を閉ざすという方法を身につけたのかもしれません。 映画の中で彼を援助した隣人の一人が言った「才能に恵まれた若者が誰にも見出されなかった不運」と言う言葉が忘れられません。 貧しさと孤独という現実の中で自分の世界を自分だけのために創りあげていったダーガー。 厳しい人生にあっても自分の世界を持ち人生を生き抜いた彼には尊敬の念を抱きます。 晩年の彼に心ある数人の人が援助の手をさしのべていたという事実になぐさめられました 。子供の心を生涯もちづつけた彼の不思議な魅力あふれる作品にも多数ふれられてもう一度ゆっくり見てみたいと思わせる作品でした。

  • jac********

    1.0

    ネタバレ久し振りにツライ映画でした

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cha********

    2.0

    展示横でやってればいい作品

    眠いときに観てはいけない。 映画というより、解説。 映画というより、子守唄。 絵をCGで動くようにしているのは、ワクワクするけれど、  どっちにしても 原画を実際見て、それが動くというのなら もっと凄さが伝わるかと。 ヘンリダーガー作品を展示してる横で、この映画の上映。っていうのがぴったりハマル。 ヘンリダーガー知らないって言う人は、ちょっと退屈かも。

  • oti********

    1.0

    美術の解説本にすぎず

    これを映画館でかける意味があるんでしょうか?本当にトホホな作品…。 ダーガーは好きですが、この映画を見て感動することは絶対にない、と保障します。 これは変わった生涯をたどった美術作家の、たんなる解説本ですよ。 シネマライズでこんなのやるんだねーーオドロキ。

  • タダラフィル

    2.0

    ネタバレ退屈するドキュメンタリー!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/2 ページ中