レビュー一覧に戻る
非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎
2008年3月29日公開

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎

IN THE REALMS OF THE UNREAL/IN THE REALMS OF THE UNREAL: THE MYSTERY OF HENRY DARGER

822008年3月29日公開

jac********

1.0

ネタバレ久し振りにツライ映画でした

春嬢さんのレビューに >眠いときに観てはいけない。 >映画というより、解説。 映画というより、子守唄。 >ヘンリダーガー知らないって言う人は、ちょっと退屈かも。 とあるのを映画を観終わった後に読みました。全く同感。 小生はダーガーを知りませんでした。 格別眠くなかったのに眠ってしまいました。 眠ってしまった原因は大体自覚しています。 この映画は役者さんが出てきて演技するという種類のものではありません。 ドキュメンタリーです。 しかも80%以上は、画面がダーガーの絵でナレーションが入ります。 英語のナレーションはわからないので字幕を読みます。 ナレーションはひっきりなしですから、読まなければならない字幕の量も通常の映画の3倍以上あったのではないでしょうか? 更に、ダーガーの執筆した物語の内容が分かりづらい内容ですから余計疲れてしまい、目を閉じてしまいました。 他のレビュアーの方の文章を読んでも皆さん、ダーガーの絵のファンが多いのですね。 私は小説に重きを置いていて理解しようと必死だったのですが挫折しました。 美術、絵画に興味のある方向けの映画だと思います。 映画として小生が唯一言えるのは、ダコタ・ファニングの声が可愛かった。 ということだけです。 14歳、中学2~3年生にしては可愛すぎるかもしれません。 大人の女性を演じるのは、まだまだ先ですね。

閲覧数284