ここから本文です

黄金時代 (1930)

L'AGE D'OR

監督
ルイス・ブニュエル
  • みたいムービー 7
  • みたログ 52

4.06 / 評価:17件

ブニュエル監督 幻の“最進”作

  • 一人旅 さん
  • 2015年1月25日 16時03分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ルイス・ブニュエル監督作。

一貫した物語がほとんど存在しないシュールレアリスムの代表作。そのため、断片的な映像のイメージだけが脳裏に焼き付く。上映禁止処分を受けたほど過激、刺激的な映像が盛り込まれている。特に衝撃的なのは、遊んでいる子どもを男がライフルで射殺してしまう場面だ。死んだ子どもに向かって再度銃弾を撃ち込むという徹底的な非情さは、映画のタブーに確信的に挑戦したブニュエル監督の確固たる意志を感じる。
終盤、キリストのような風貌の男が女を凌辱、あるいは殺害してしまったように見える場面と、その後映し出される汚らわしい十字架のインパクトも絶大で、暗に、というより明確に宗教を否定するスタンスを取っている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ