2008年2月2日公開

フランチェスコ -ノーカット完全版-

FRANCESCO

1572008年2月2日公開
フランチェスコ -ノーカット完全版-
3.3

/ 13

15%
23%
46%
8%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

12世紀イタリア、裕福な商家に生まれ何不自由ない生活を送るフランチェスコ(ミッキー・ローク)は、騎士になる夢を抱いていた。しかし、近隣都市との戦争で過酷な捕虜生活を送った彼は人生観を一変させ、信仰に生きることを決意。自ら貧者となって貧しい者に手を差し伸べる彼の姿は、次第に人々の心をとらえてゆく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(4件)

不気味18.2%不思議18.2%悲しい9.1%勇敢9.1%泣ける9.1%

  • tsm********

    1.0

    長すぎ…

    私はノーカット版じゃない短いのを見るべきでした。展開の何もない暗い長回しはニガテ。 ストーリー内容はおそらく伝記通りなのでしょうから文句は言いませんが。十字軍関係のことをもっと見たかったのですが、そこは伝記にも一行しかなかったりするのかもしれませんね。

  • yag********

    4.0

    宗教家に観てもらいたい映画です。

    観たのがノーカット版だったけど、カット版の方のレビューに、大いに共感できるものがありました。 Masagoyaネットシネマ さんのレビューです。 「薔薇の名前」「ブラザーサン、シスタームーン」とパズルのピースが繋がった様な気がしました。 本当の信仰って、こういうものなんだよなぁと思いました。 神様や、イエス・キリストが生きていたら、是非観てもらいたい映画です。

  • いやよセブン

    3.0

    ミッキー・ロークが聖フランチェスコ

    キリスト教ネタなので、バックボーンを持たず感情移入が難しかった。 裕福な商人の息子が、戦争や捕虜を経験するうちに神の啓示にあう。 その後、かなり原理主義的な活動を行い、徐々に信者を増やしていく。 信者が増えるに従い、やれ組織をどうする、会則は決めるべき、などの意見が出てくる。 フランチェスコは集団を離れ、神に答を求めようとする。 前半の戦争などのグロい表現には閉口するが、13世紀のヨーロッパはこんな感じだったのか、と納得。 音楽はヴァンゲリス。

  • mas********

    2.0

    深かった

    睡魔と闘いながら見たので、かなり長く、 途中少し退屈してしまいました。 フランチェスコの伝記ですが、彼自身の気持ちはそれほど強く伝わってこず 客観的にフランチェスコと言う人を見ているように ストーリーが進んでいきます。 「こんな風に信仰が広がっていくんだな」と 感情移入する事無く、蚊帳の外から眺めている感じ。 ミッキー・ロークが全盛期の頃は、私はまだ10代だったから あまり記憶にないんですよね。 だから先入観無くミッキー・ロークを見れたのは良かったかも。 (後から読んだら猫パンチで有名らしいですね・・) 懐の深そうな優しい目で、主張しすぎず穏やかな語り口。 フランチェスコ役に合っていたと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
フランチェスコ -ノーカット完全版-

原題
FRANCESCO

上映時間

製作国
イタリア

製作年度

公開日

ジャンル