レビュー一覧に戻る
劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ

nap********

5.0

今年は素直に楽しめました

今年も試写会が当たり一足お先に見てきました。 映画がはじまってすぐに話のきっかけがあるので、遅刻しないように行った方がいいですよ。 話は去年と違ってとてもわかりやすく、なぜギラティナが怒っているのか、なぜシェイミが巻き込まれ、サトシと行動し、なぜスカイフォルムになるのかもはっきりわかります。 深いことは考えず、素直に「おもしろかったねぇ」と子どもと言える様な作品でした。 今年はポッチャマがいい味出してました。 もちろんギラティナも迫力があり、隣に座っていた男の子はギラティナの技に興奮してました。 シェイミの山崎バニラさんの声が予告の時は気になっていましたが、映画を見るとシェイミの性格にあっていたと思います。 シェイミの一言一言にクスっと笑ってしまいました。 ゼロの中村獅童さんも思ったよりは違和感なかったです。若者ではなく青年だったようなので。 ゴルゴ松本さんはどの声か秘密だったようですが、エンドロールで確認するまで気がつきませんでした。 毎年のことですが、ポケモンの映画はエンドロールの間も話がつながっている映像が流れているので、最後まで見て行って欲しいと思います。今年は本編で泣くことはなかったのに、なぜかエンドロールで少し泣いてしまいました。今年のテーマは「感謝」だと言うことが表されていたからだと思います。 映画が始まる前に、秋に発売される「プラチナ」の宣伝の映像が流れましたが、ダイヤモンド&パールと違うことも多そうで、おもしろそうで欲しくなりました。 来年の映画の予告映像を見ましたが、ネタバレはしないので、最後の最後まで映画を見てください。

閲覧数270