ここから本文です

ICHI (2008)

監督
曽利文彦
  • みたいムービー 735
  • みたログ 2,653

3.80 / 評価:1573件

大体ストーリーは読めるけど

  • shp******** さん
  • 2018年3月13日 15時31分
  • 閲覧数 2208
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

................................................................................................
綾瀬は盲目で剣の達人、それは父に教わったものだった。
孤独の身となり父を探して旅をしていた。

ある時暴漢に襲われ、綾瀬の強さを知らない大沢に助けられる。
というより大沢が逆に殺されそうになった所を綾瀬が救う。
大沢は木刀の達人だが、母を誤って傷つけたトラウマで剣が抜けないのだった。

ある時大沢らは万鬼組の暴漢に襲われ、それを綾瀬が救う。
それを大沢の手柄と勘違いした万鬼組の対抗勢力に大沢は雇われる。
やがて万鬼組と対抗勢力で全面抗争となり、大沢は何も出来ず大敗。

綾瀬は万鬼組のボスが父の行方を知ってると知り、自ら捕らわれて話を聞く。
父は死んだとのことで、さらに綾瀬はボスにボコにされ牢に入れられた。
それを大沢が救い、綾瀬は大沢に恋心を抱くことになる。

そして両組の最終決戦が勃発、綾瀬を愛した大沢は強くなり敵ボスと相打ち。
そして綾瀬に強く生きるよう諭し、死亡。
綾瀬は大沢の剣をその母に届けるためまた旅に出る。
................................................................................................

もう最初のシーンから、大沢は心優しくトラウマがあることが分かったし、
剣の実力が本当は高いこと、最終的にトラウマを乗り越えることが読めた(場)
綾瀬も感情を抑圧してるが最後は愛を知るのだろうってのも読めた(場)

そして実際その通りやったわけやが、でも結構面白かったわ。
こういう心の問題を乗り越える系の話って好きやからな。

綾瀬はこういうクールな役をやっても格好いいし殺陣もええ感じやった。
あと窪塚洋介って好きじゃないが、見るたびにいい演技やなと思ってしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ