レビュー一覧に戻る
ICHI
2008年10月25日公開

ICHI

1202008年10月25日公開

********

2.0

推しの女優の特番ドラマみたい

申し訳ないが、ボロ服を着ても透き通るような美しい綾瀬はるかという以外、いい所があげられない。 脚本と演出のマズさだと思います。 敵の派手な衣装や中村獅童と竹内力のオーバーリアクションすぎる極道寄り演技もエンタメ性ばかり強くて浮いている感じ。 イキリ坊ちゃん役の窪塚の役もキーマンそうでいてそうでもない。 トラウマ抱えたヘタレ役の大沢たかおは正直いらなかったと思う。 ヘタレならヘタレのまま、イチに守られる癒やしでいいものを、大沢使うあたりそれでは終わらないだろうと思ったら、やはり都合の良い所で男気みせて相討ちとかあり得ないし、中途半端な恋愛描写もいらない。 これなら、子役の少年との母性愛情友情をもっと濃く描いた方がよかったのでは?と思う。 さらに、不幸な過去描写はあるものの、秘剣伝授に父親や出生にまつわる謎が解明されないまま。 ベタでもここにもっと重点おいて、父の復讐まっしぐら孤高の盲目美少女剣士のほうが、すこしは見られたかもしれないのに。 後、あれだけの敵陣にヘタレ二人だけで見つからずにさらっと行って、イチ奪還成功ってすごいね!! それができれば、大将の首取れたと思うよ。

閲覧数1,628