痛ましき無関心

PAINFUL INDIFFERENCE

96
痛ましき無関心
3.5

/ 4

25%
50%
0%
0%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)


  • ********

    4.0

    単調なリズムは死のリズム

    1983年。アレクサンドル・ソクーロフ監督。バーナード・ショーの戯曲を元にした映画。正直、原作を知らないので厳しい。第一次大戦のイギリス、ダイナマイトで商売しているブルジョワ家庭の退廃、ということだけはわかる。次々と恋愛遊戯が繰り広げられていることと、挿入される戦争と労働の記録映像がその批判的な役目をしていることも。しかし、初見では人間関係さえよくわからず、単調な音楽とダイナマイトの爆発音で眠くなってしまう映画です。 好きだ、嫌いだ、がよく見えてこないのが一番の原因ですが、それが描きたいわけじゃないんでしょう。単調なリズムを背景にして、戦争や退廃の果ての死が描きたいのでしょう。死に覆われた世界。挿入されるガンジス川の映像は、ラストで海(川?)に死体を流すシーンの予告なのは間違いない。 妙に日本趣味なところと水びたしな感じはこの監督のくせでしょうか。彼らの家をバックに、手前に雪虫らしき小さな虫が舞う映像が二か所でてきますが、これは本当にきれいです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
痛ましき無関心

原題
PAINFUL INDIFFERENCE

上映時間

製作国
ソ連

製作年度

公開日
-

ジャンル