ここから本文です

カクトウ便 Vol.3 そして、世界の終わり (2007)

監督
宇田川大吾
山本俊輔
  • みたいムービー 2
  • みたログ 4

未評価

解説

どんなワケありな荷物も届ける裏の運び屋“カクトウ便”のメンバーに志願したヒロインが、初任務で人類存亡にかかわる陰謀と対峙(たいじ)する、カクトウ便アクション・プロジェクトの第3弾。『すんドめ』の宇田川大吾と、インディーズ作品「殺し屋たちの挽歌」の山本俊輔が共同で監督、恐怖のゾンビ集団とカクトウ便のラストバトルを演出する。ヒロインには『すんドめ』の次原かな。彼女の体当たりアクション演技も見逃せない。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

“カクトウ便”リーダー・女子高生ゆき(甲斐麻美)と、元傭兵でカクトウ便メンバー・藤岡の下に、1人の女性・玲(次原かな)が現われ、メンバーに加えてほしいと懇願する。厳しい訓練の日々をへて玲の初任務が下される日が来るが、彼女が運ぶ配達物のフロッピーディスクには人類存続を脅かす巨大な陰謀が隠されていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ