ここから本文です

譜めくりの女 (2006)

LA TOURNEUSE DE PAGES

監督
ドゥニ・デルクール
  • みたいムービー 98
  • みたログ 281

3.77 / 評価:78件

前世紀であれば名作?

  • sunebouzu さん
  • 2008年5月26日 0時03分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

クラシック音楽の世界を舞台としたプロのピアニストに対する譜めくり(初めて聞いた人も多いのでは)の女性の復讐劇。
しかもそれは暴力的なものではなく,心理サスペンス。
譜めくりという設定もユニークで面白そうですよね。。。

主人公を演じたデボラ・フランソワの美しさは特筆すべきものでしたし,俳優さんたちの演技力はフランス映画界の実力を垣間見ることができました。随所に挿入される演奏シーンも非常に効果的でした。     

ただ肝心の内容の方はあまりにもテンポが遅すぎます。台詞も少なく,主役の二人の感情表現も非常に抑えて描写されていることから,観客に取ってはあれこれ推理できる楽しみがあるのですが,結末はインパクトに欠けますね。サスペンス作品であれば,もっと別のエンディングがあったのではと思います。

30年程前に公開されていたら,そこそこよい映画だったのではと思いますが,2008年(製作は2006年だそうです)の今にはかなり苦しいのでは。

映画館に行くかどうか迷っている方には,DVDレンタルでの鑑賞をお薦めします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ