2009年5月29日公開

スター・トレック

STAR TREK

1262009年5月29日公開
スター・トレック
4.0

/ 2,352

38%
37%
19%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(998件)


  • hick

    5.0

    旧ファンも新規も取り込む、パラレルで刺激的な挑戦作

    【魅力的な新シリーズ】 スタートレックはこのJ.J.エイブラムスプロデュースの新シリーズ3作品しかちゃんと見た事がない。が、特典映像や解説サイトから得られる情報だけでも、いかにオリジナルをリスペクトした作品かが伝わってくる。なにより知識ゼロでも楽しめ、自分のように今作からファンになる人も多いと思う。 【マルチバースでパラレルな挑戦】 オリジナルの時間軸から過去へとタイムトラベルをしたキャラクターが、ある出来事に変化を加え時間軸が枝分かれした世界。というMCUでもお馴染みマルチバースを扱った作品。オリジナルの出来事を上塗りせずに、もう一つの現実として新たに自由な物語を作るという秀逸なプロット。かつ、かなり分かりやすい話の展開なのも大きな魅力。 【熱いバトン渡し】 オリジナルタイムラインから来たオリジナルキャストの"老スポック"。彼が主人公のカークや若かりし頃の自分を導き手助けをするのだが、彼の存在とオリジナルシリーズの重厚な歴史とが重なって(にわかファンの自分が文字だけで知識を得た"重厚な歴史"だが)、まるで旧シリーズが新シリーズに力を貸して託しているよう。そんな熱いバトンの交代劇に感じた。 【好きな点】 ・スピード感。テンポがめちゃくちゃいい。 ・カメラワーク。無重力感ある"旋回ショット"や船内を案内するような長回し。 ・スピルバーグ超えの光のフレア演出の多用がマジカル。 ・個性溢れるセリフ。群像劇として一人一人が光っている。特にボーンズに関しては全作品で面白い。 ・カークとスポック、主役2人の個性のぶつかり合い。キャラ立ちしまくってる。 ・「みんなで何かをやり遂げる」系が好きなので、全員で力を合わせて宇宙船を動かすシーンにはやっぱり惹かれた。 【なんといっても音楽!】 マイケル・ジャッキーノの音楽が最高すぎる。新テーマ曲がカッコよすぎる。彼の作品で一番好きな楽曲。それを劇中音楽に散りばめてあるので終始カッコいい。その楽曲のリズムも作品のテンポを押し上げた要因かも。オリジナルテーマ曲もエンドクレジットで流れ、大満足のサントラ。 【総括】 リブートでは無くパラレル。トレッキーも納得、知識ゼロの新規もウェルカム。そんな"誰も犠牲にしない"新たな出発の仕方が秀逸だった。そして、エイブラムス監督のテンポやカメラワークなどの演出技も光る最高にカッコいい作品。当時、知識ゼロで鑑賞した今作だが、こんなにファンにさせられるとは思わなかった。感謝。 ラストで初めてユニフォームを着て、キャプテン席に座るカーク。早く更なる旅の続きが見たくなるような締め方も素晴らしかった。

  • ゆめすけ

    3.0

    惜しい勿体ない

    全般に於いて演出が惹かれない。見せ方表現が上手くないかなあと感じました。 二人目のスポックがいなければ物語としてもありふれている。次回ありきの連作としても仕方がないとは思えずもうちょっとセンス良い制作陣がいればなあ、もったいないなあ。 又は、 過去作のオマージュなのか全編シリアスに進めようとしたのか解りませんが、興業収益を意識して鑑賞者受けのいい要素を加えてしまって中途半端になった感。 冒頭の宇宙での激しいシーンが個人的に見るに耐えず最後まで見れるか心配になりました。 ありふれた最近風な宇宙版SF映画かな。 スポック絡みの部分は面白かったです。

  • 名無しの権兵衛

    4.0

    面白かった

    面白かった

  • kak********

    5.0

    生まれ変わった「スター・トレック」を見よ

    「スター・ウォーズ」のファンと同じく、多くの人に愛されているSFシリーズが「スター・トレック」だ。 本作品は第11作目に当たるらしいが、旧作や新作が混ざり時系列的には分かりにくい。今までの映画を見続けていれば登場人物も頭に入りやすいが、初めてこのシリーズを見る人には、ちょっと難しいかも? 本作品は、リブート映画となっている。聞き慣れない言葉だが、同じ原作を作り直したものであり、登場人物や歴史的背景が必ずしも一致しない。その意味ではリブートシリーズ第1作と言えるので、これを見て気に入ったら過去の作品を見るのも有りだと思う。 物語は、冒頭から度肝を抜かれる。強敵と言うよりは未知との戦いで息もつかせず展開する。それもその筈、監督は、TVドラマでもスピーディな展開で興味を繋ぐのが得意なJ.J.エイブラムスなのだ。「エイリアス」、「LOST」、 「FRINGE/フリンジ」など、数々のTVドラマの製作総指揮を務め、映画でも「ミッション:インポッシブル3」や「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を手掛けるなど大活躍している。 物語の中心は、過去と未来が入り交じる中、カーク船長とスポックという「スター・トレック」が生んだ2大スターが、パラレルワールドを意識しながら活躍することになる。多少分かりにくい点があっても、なぜ?だとか、あり得ないと考えてはいけない。何しろ未来は謎に満ちていて理解不能だし、SF映画における未来の技術革新は想像を超えるのが当たり前なのだから。 主役は、「エージェント:ライアン」で4代目ジャック・ライアンを演じているクリス・パイン。そしてスポック役には、TVドラマ「HEROES/ヒーローズ」でも不気味なサイラー役を好演のザカリー・クイントと、何とファンには懐かしいオリジナルのスポック役を務めたレナード・ニモイも登場する。その他、登場人物が多すぎて紹介しきれないので、後は見てのお楽しみである。 幸い、続編「スター・トレック イントゥ・ダークネス」へとシリーズも順調に滑り出しているので、すぐにお馴染みの顔ぶれとして頭に焼き付く事だろう。また、あの有名なロボットを見かけたりとサービス精神もあり、SF映画ファンにとってはたまらない大作に仕上がっている。

  • のり巻き

    5.0

    面白い

    面白かったが、チェコフの吹き替えが気持ち悪い。もう少しマシな人いなかったのか…

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    耳尖った人が

    どういうキャラかわかった。

  • jun********

    4.0

    そんな簡単に士官学校は入れるの?

    なんかご都合主義もきになるけど、 アメリカだしね。

  • nisan

    3.0

    何かもったいない作品

    SF映画として影像は良いと思いますが、ストリーが雑々していて、個人的に受け入れ難い。

  • もんくま

    5.0

    普通にSF映画として面白い

    先日、本シリーズ打ち切り、リブートの一報があったので今更ながら、、、 根っからのトレッキーではなく、どちらかというとSW派の自分的には旧TVシリーズはつまみ食い程度しか観てないし、劇場版に関しても二、三作程しか観てないのに言うのも何ですが、こと旧劇場版は如何せんテンポも悪く、最近の邦画のように、TVドラマの延長のような地味な印象で、あまり好みじゃなかったというのが正直な感想。 変わってjj エイブラムス監督の手によって生まれ変わった新生スター トレックの第一弾となる本作ですが、 正確にはコレ、スター トレックではないです。 監督の意図したSW的なテンポの良さや、最新のCG技術によって、より現代的にブラッシュアップされたエンタープライズ号のデザイン、タイムトラベルを絡めたスター トレックらしいストーリーは大変宜しいと思います。 が、旧作にあった深淵なテーマ等は皆無な上、ほほアクションや、スペクタクルシーンがメインな為、普通のSFアドベンチャー映画といった感じであまり個性はなく、スター トレックの新作と言われてもピンと来ない感じ感じです。 その辺りが、根っからのトレッキーががこの新シリーズを評価しない処なんでしょうね。 只、自分のようなニワカからすれば十分に面白い映画だし、近年も造られている過去の名作○○年振りの続編や、リブート、リメイク作(本作はリブートになるのかな?)の中にはガッカリ作品も多く、それ等に比べれば本作は、ファンからの批判を恐れず、アメリカの国民的ドラマと謂われるスター トレックを新しい世代に向けて、現代的でより面白い作品として造り直そうという意気込みは伝わっては来ますし、十分に造った価値のある作品だと思います。 気になった点は、カーク始めキャスト全体の年齢が若過ぎるのと、カークが簡単に艦長に成り過ぎる点くらいかな。

  • hma********

    5.0

    ネタバレ過去に戻れたなら惑星ロミュラスを救えば‥

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tok********

    5.0

    カーク船長、スポック副船長の誕生秘話

    カーク艦長、スポック副船長の誕生秘話?未来から年老いたスポックが来たり、ちょっと分かりにくい面もあったが、面白い。スポック演じたザカリー・クイントって、HEROESでサイラー演じた人。初期のスポックが年取ったから交代かな。

  • par********

    4.0

    過去に戻って未来を変えるなんて…ズルだ

    昔から海外の映画ファン間ではSW派とST派と真っ二つに分かれるほど人気のスター・トレック(´∀`*)SWといえばやはりライトセーバーなど白兵戦がメインだけど、STはどちらかというなら艦隊戦がメインかな(´-ω-`)?旧作は全く無知だけど、初見の人でも新シリーズは観ても面白いと個人的に思います(ノ∀`)今作の敵は未来から来たタイムトラベラー…だと?!文明&科学力は向こうが圧倒的に有利だけど、それをものともしないジムの頭脳戦は見もの!でも、スポック……軍規違反だからっていきなりほぼ何もない星を投げ捨てるなんてやり過ぎじゃない?!下手した死んでるぞヾ(・∀・;)そして、その星に待ち構えていたのは意外なキャラ……どういうことだってばよΣ(゚д゚;)

  • mov

    3.0

    スポックの

    髪型変だよね。スポック変。あんまりハマれなかった。

  • hrh********

    3.0

    「500ページの夢の束」の

    つながりで鑑賞した。 スポックと「500ページの…」の主人公の女性に通じるところを感じ、納得。 楽しめたが、SFとしては(150分ほどの映画なのでやむを得ないのかもしれないが)よく言えば観やすく、悪く言うと少しちゃちく感じた。

  • mac********

    4.0

    見て損はないと思いますよ

    昔のスタートレックの映画も見ましたが、それよりかはるかに面白くなってました。 スターウォーズと比べても遜色ないかと個人的には思いました。

  • rai********

    3.0

    ネタバレ詰め込みすぎかと。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • min********

    4.0

    スターウォーズより面白かった

    思いのほか良かった。強く印象に残ったわけではないが、テンポが良く、緊張感のあるシーンもほどよくあり、転送ワープがまぁご都合主義的にも思わなくもなかったけど、楽しんで観る事ができた。クリス・パインやドクターもよかったし、スポックがオリジナルの人よりソフトな感じになって、観やすかった。続編観るのが楽しみになった。

  • tat********

    4.0

    これまでのシリーズの中で最高の出来

    スタートレック、カーク船長の誕生をめぐるストーリー。 感情を持たない、バルカン星人、母を地球人にもつスポックの苦悩、感情的なカーク船長を通じ、人間性を表現。論理的なのは良いがそれだけではつまらないし、その先に行くことはできない。論理的でないから、人生面白い・・そんなことを感じさせてくれる。  どの作品にも通じるところだが、SFを通じ、異星人を通じ、人間とは何かを問いかけている。  若い時のバカは、将来生きる。 映像は、これまでになく良い出来。音楽もしかり。

  • 宮崎是彰

    4.0

    長寿と繁栄を より

    今作はスタートレックシリーズをリブートした作品です これまでのシリーズと直接的関係は無いのでこれから見ても十分楽しめます。 ストーリーはよくあるパターンで安心感があります。しかし、画像や演出は素晴らしいです。 終盤、とある人物が登場したとき思わず感嘆が漏れました。監督の作品に対する敬意と愛を感じちゃいます。 名台詞の 長寿と繁栄を を押すのではなく、グッドラック と言う演出には素晴らしいと感じました。 もしsf作品を見たいのならこれはオススメです。

  • qzi********

    2.0

    スター・トレック界の異端児

    初代カーク船長の「宇宙大作戦」のファンです。NextGenerationから政治的な話になってきていたため初代のリメイクときいて飛びつきました。でもつくりが今風で、各キャラクターも微妙に性格が違ったり、何よりカークが簡単に船長になりすぎる。ウィリアム·シャトナーぐらい熱いながらもどっしり構えた貫禄が欲しかった。キャスト間の絆もオリジナルシリーズのように強固なもの(シャトナーが難ありとの噂だが)でないのは傍目にも明らか。三作目で終わってしまったのもうなづけるし、全くロッデンベリー的 (原作者)なものではなかった。

1 ページ/50 ページ中