ここから本文です

スター・トレック (2009)

STAR TREK

監督
J・J・エイブラムス
  • みたいムービー 546
  • みたログ 4,005

4.06 / 評価:2,161件

オレがにわか「トレッカー」になった理由

  • バツイチ王子 さん
  • 2009年5月20日 22時48分
  • 閲覧数 3191
  • 役立ち度 184
    • 総合評価
    • ★★★★★

スター・トレックマニアを「トレッカー」というらしい。
そんな造語を産むほどの作品だとは知らず、
垢抜けず古臭い宇宙を舞台としたドラマで、
スポックという風変わりな男がいる、くらいの知識しかなかった。

本作は最新VFXを駆使した今までのシリーズの前の話、
いわゆるエピソード0、ビギンズという位置づけらしい。
ならばよしと、あえて旧作の予習はせず試写会に向かった。

結果は完全に予想以上、なんと壮大で爽快な作品か。
個人的にはスターウォーズシリーズに匹敵する面白さ。
おそらく多くの新たな「トレッカー」を産み出すのではないだろうか。


異性人との交流が普通にされ連邦国が治める近未来。
宇宙船エンタープライズ号艦長、ジェームス・カークの若き日の物語だ。

カテゴリーとしては明らかなSF、
VFXを駆使した様々な表情の宇宙は奥行きも豊かで荘厳だ。
既視感はあれど、劇場でしか味わえない!という説得力がある美しさ。
だが、一番の見所はやはり若き主人公のカークとスポックを中心とした
若者達の成長の人間臭い・・・いや宇宙人臭いドラマだ。
映像がすごいだけのSF映画では?そんな先入観は捨てていい。


中心となるのは、正反対の特徴を持った二人の男。
一人は身を呈し多くの乗員を救って殉死した父を持つカーク。
感情を露にし、向こう見ずでエキセントリックな熱いヤンチャ坊主。
それはスターウォーズ・エピソード?のアナキンを彷彿させる。
見るからに軽薄で考えが足りないが、
それでいて、我々が知識やテクノロジーの代わりに無くした「野性」を見せる。
精神的未熟ゆえ、逆に際立ちまぶしくも感じられる。

片や理性的なバルカン星人と地球人のハーフであるスポック。
感情に揺らがないことによる論理的な判断を身上とする「理性」的な男。
だが、バルカン星人と人間のハーフであることで差別され、
母から受け継いだ人間的な感情という脆い一面をうちに秘める。

そんな彼らの「野性」と「理性」という異なった因子は、
若さからの未熟のため大きな反発を産む。

彼らから感じる未熟は、恥ずかしながら今でもオレは持っている。
他人を省みず感情をぶつけるカークや、
自分の弱さを認められないスポックへの共感はその現れでもある。
だから彼らの成長が、ある意味我が事のように気持ちいい。

やがて未完成のいびつな二つの玉はぶつかり合うことで磨かれ
彼らは得がたい共感を得られる「友」へと形を変える。

共に相手に対するコンプレックスと抱き、
共に肉親を劇的な事件により失うという痛みのためだろう。
ありきたりともいえるベーシックな成長が、自分と重なり心に染みる。


ヒーローズで見初めたザッカリー・クイント。
ヒゲの濃さを巧く隠したな、などと余計な心配をしたが、
新たなスポックとしての役にピタリとハマっていたと思う。

それにしても坂口憲二にちょっと似ているクリス・パイン。
ポスト・ブラピとも言われているそうだが、実にいい。
感情を露にする「動」の演技がいい。
シャイア・ラブーフやザック・エフロン、ロバート・パティントンなどの若手の中で
ブレイクしそうな人物として個人的には頭一つ抜けた感がある。

ワキを固めるは、素顔の面影があまり無かったエリック・バナや、
もう出番おしまい?なウィノナ・ライダーは、まあ・・・
それより旧作でスポックを演じた78歳のレナード・ニモイは見所だ。
クリント・イーストウッドと同年代、オレ唯一の顔見知りは
齢を重ねてつつ面影を残し、登場の瞬間思わず声をあげそうになった。
永きファンの皆様にはたまらない仕掛けではないだろうか。

本作は潔くも単体でキッチリ完結している。
だが早くも2011年公開に向け、続編の脚本執筆開始との情報あり。
嬉しいことにスターウォーズシリーズの後釜が出来たような気がした。

クリス“カーク船長”と、ザッカリー“スポック”にまた会える。
再会までは今までのスタートレック作品を見て待つ事にしよう。
幸いなことに、彼らがどうなったかをオレは知らないのだ。

レビュー書く前から薄々感じていたが、そろそろ認めなくてはならない。
オレもすっかりにわか「トリッカー」 になっているってことを。

■予断だが、あの 「R2-D2」 が本作にカメオ出演をしているそうで、
 彼を見つけると映画の公式グッズをもらえるらしい。
 そんな、リピーターにさせようとするあざとい仕掛けにもハマりそうだ。

公開したらもう一回が決定的です、2800円超級

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ