2008年3月22日公開

88ミニッツ

88 MINUTES

1072008年3月22日公開
88ミニッツ
2.8

/ 248

6%
14%
43%
26%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

FBI異常犯罪分析医ジャック・グラム(アル・パチーノ)の証言を基に、女性を狙った猟奇殺人犯フォスター(ニール・マクドノー)への死刑が宣告される。9年後、死刑執行の日が近づく中、フォスターの事件に酷似した連続殺人が発生。フォスター無罪の可能性も浮かび上がり、さらに死刑執行日の朝にジャックの知人が新たな被害者となり……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(114件)

不気味17.6%恐怖14.3%知的12.6%パニック9.9%かっこいい8.2%

  • Amelia

    1.0

    アル・パチーノが出るような映画ではない

    TSUTAYAで「久々のアル・パチーノ最新主演作!!」と紹介されてたので観てみたが、他の方もレビューしてらしたけど、本当に駄作。 私はミステリーは好きなんですが、映画やドラマだとすぐに犯人が分かってしまうので、とんと遠ざかっていましたが、アル・パチーノ主演作ならと期待して観てしまいました。 案の定、犯人もすぐに分かったのですが、推理とかで分かったのではないです。 脚本・演出が悪いんでしょうね。 ストーリーがなにがなんだか・・・ 連続猟奇殺人事件を題材にした内容なら、もっと作り込めるんじゃないんかな。 だからなんでしょうね、あの名優アル・パチーノの演技もイマイチにされてしまって。 他のキャストも、特に女優さん達の演技がよろしくない。 映画のはずなのに、なんだか安っぽい昼メロでも観てるような錯覚を覚えました。 被害者女性が殺害される際の格好といい (私だったら、こんな恥ずかしい体勢で死ぬのは嫌ですね)、所々の女性キャストの露出といい・・・所謂「水戸黄門の由美かおるさん」や「ドラえもんのしずかちゃん」の入浴シーンみたいな「お色気サービス」作戦ですかね。(入浴シーンがあるとかではなく) こういうのに頼らなきゃ観てもらえないと思うのですかね。 アガサ・クリスティ作品ならば、たくさん登場人物を出しても全く問題ないですが、この映画は何人も出し過ぎる割に、それぞれの登場人物のキャラの魅力を十二分に活かしきれず、脚本家自身がストーリーの中でコントロールしきれてないんですよね。 あれ?こんな人いたっけ?って時もありました。 至る所、ツッコミどころ満載でした。 面白い映画なら、途中トイレに立つ時は一時停止しますけど、この映画はしませんでしたね。 主人と子どもはそれなりに観てましたが、トイレから戻って「面白い?」と聞くと、「面白いかって聞かれると・・・うーん・・・」という答え。 アル・パチーノさんも、出演なさる映画は選んで欲しいですね。

  • ミサタカ

    1.0

    ごちゃごちゃしすぎ。

    女の登場人物が多過ぎて、名前も顔も覚え切れない。ストーリーもかなり強引で複雑で破綻してる。真犯人を知りたくて最後まで観たが、真相を知っても全然ぴんとこなかった。駄作。

  • nek********

    1.0

    只々ややこしい

    こんなにややこしくする必要あるか? 主人公は24のキーファーサザーランドが適役なほど、周りを振り回すキャラ。そういえばジャックって同じ役名だ。 突っ込みどころ満載、わざと視聴者を騙す演出。見てて面倒くさかった。

  • ang********

    3.0

    ネタバレ微妙な面白さ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yio********

    3.0

    まぁ、そこそこ!

    普通にサスペンスとして楽しめた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
88ミニッツ

原題
88 MINUTES

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル