2008年5月3日公開

ブレス

BREATH

R15+842008年5月3日公開
ブレス
3.5

/ 105

22%
32%
25%
11%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

死刑囚のチャン・ジン(チャン・チェン)は生への希望を捨て、一刻も早く死にたいと思っていた。チャンの自殺未遂のニュースを知ったヨン(パク・チア)は、見知らぬチャンに同情を覚え刑務所へと面会に行く。ヨンもまた夫の浮気に苦しんでいた。ヨンはたびたびチャンを訪れ、春の歌を歌ったりと季節のプレゼントを贈るようになる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(56件)

切ない17.4%不思議12.5%不気味11.1%悲しい9.7%絶望的9.0%

  • rec********

    4.0

    「脾臓」のような映画。面白い

    摘出されても人体に全くと言っていいほど影響が出ないにも関わらず多機能を有する脾臓のような作品です。これだから映画はやめられません。 キム監督の次作「嘆きのピエタ」には作り手が劇中人物に寄り添う感が強すぎていささか敬遠気味の私でしたがこの作品は素晴らしいです。 万田邦敏「接吻」の時に感じた「脾臓」のような産物に久しぶりにめぐり逢いました。 こんな映画はともすれば封印されるか酷評されます。だからこそ映画は、特に同世代の感性なんて当てにならないのです。

  • なつ

    2.0

    GyaO

    私が好きそうな監督だったので楽しみに鑑賞したら、、、 あれ?ちょっと個性的すぎる^^; 結局最後まで観たが、よくわからず解説を探しました。 なるほど、愛についての映画だったんですね。 パクチャヌクの方が好みだな。

  • wor********

    4.0

    金基徳。

    好き嫌い分かれるキムギドク映画。 キムギドクに多い終始無言の配役もありキムギドク中毒患者には良い映画でス。 でも、キムギドクは監督作品より脚本演出、制作で参加した映画の方が軽くて万人受けし易いです。

  • yk_********

    5.0

    ネタバレチャン・チェンが渋い!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rkn********

    5.0

    まるで喜劇のよう

    この監督は鬼才という名がふさわしい。まず男と女の異性への愛の形や考え方を、見事にとらえている。 男は外で女と関係を持つのは遊びであって、ただの解消だよ…と思っていても、夫を本当に愛している妻にとっては、不快以外の何物でもなく、怨みや憎しみの心に変貌してしまう。 この映画に刑務所の中でオカマ役の俳優が出演してますが、彼女、いや彼の演技も上手くて途中から女性に錯覚して見えました(笑)とにかく健気でいじらしい。 結婚、もしくは男女関係ていったいなんだろうと、考えさせられる映画です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブレス

原題
BREATH

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日

ジャンル