2008年3月15日公開

カフェ代官山 ~Sweet Boys~

672008年3月15日公開
カフェ代官山 ~Sweet Boys~
2.6

/ 7

14%
0%
29%
43%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

誰もが一目置くリーダー的存在で天才肌のヒビキ(相葉弘樹)、牧師の息子でパティシエのサーディン(大河元気)、琴占いが得意なコトッチ(桐山漣)のいるカフェに、ガク(馬場徹)が修行にやってくる。風変りなスタッフや個性的な客に戸惑いながらも、ガクはパティシエとして希望に満ちあふれた第一歩を踏み出すかに見えたが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(2件)

不思議20.0%笑える20.0%かっこいい10.0%ファンタジー10.0%かわいい10.0%

  • voy********

    3.0

    風変わりなカフェのパティシエ4人

    相葉君の華麗な王子様ターン?が面白かったです!これは相葉君ファンなら必見。 イケメンウェイター(兼パティシエ)は女性客に腕触らせたり、リップサービスしたり、客の絵のモデルになったり、ホストクラブか何だか分からないちょっぴり変なステキ喫茶店。イケメンパティシエも主人公以外は個性的でちょっと(かなり)変わり者です。 ストーリーには謎の部分も多かったですが、イケメンが見られるし基本的には明るいのでまぁいいか~という所でしょうか。女性客も個性的で面白いし。最後のオチは、そう簡単に死なせないでほしかったけど(笑) 先輩パティシエと後輩である主人公の友情は良かったです♪

  • yuc********

    3.0

    小粋な思わせぶり

    所謂、若手イケメン俳優4人の映画。 主演で、相葉くんがクレジットされてるけど、役の比重から実質、馬場君とのW主演。 ちなみにこの4人は、それぞれ他の某作品んトコでもう共演済み。 まぁ一言で言うならばテーマは「イケメン同士の友情」かな。 劇中で歌ってないんで、ミュージカル映画ではないんだけど、何か雰囲気はミュージカルっぽいんです。 妙にメルヘンちっくな所とか。 実際この映画観てて、「邦画でもミュージカル映画があっていいじゃん」って素で思ったりw 短い時間の中で一応3つのオムニバスからなるんだけど、何を伝えたいのかがわかりにくかった。 メルヘンなんでそこんトコは深く考えずに観た方が楽しめる。と言う事だろうかw? そう疑問だらけなのです。 謎の店、謎のイケメン、でも一番何が謎かって、それは結末です。 あの思わせぶりな結末は何なんでしょう?? それが一番の謎だった。 相葉くん目当てでしたが、実際観たら馬場くんに目が行きました。 メルヘン映画の中で、逆にフツーの役だった彼は徳な役だったかも。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


相葉弘樹芝田響(ヒビキ)
大河元気一條・サーディン・鈴太郎(サーディン)
桐山漣三浦未琴(コトッチ)
馬場徹石川楽(ガク)

基本情報


タイトル
カフェ代官山 ~Sweet Boys~

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル