ここから本文です

ミラクル7号 (2008)

長江七號/CJ7

監督
チャウ・シンチー
  • みたいムービー 167
  • みたログ 658

3.65 / 評価:323件

とにかくド直球

  • chu***** さん
  • 2017年2月19日 23時32分
  • 閲覧数 673
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

チャウ・シンチー監督の作風が色濃く出ている本作。

とにかくド直球。

少林サッカーでもカンフーハッスルでもそうだが、この監督はひたすらにド直球な表現をする。貧乏ならひたすら貧乏。金持ちなら嫌味なくらい金持ち。壊す時はひたすら壊す。飛ばす時は吹き飛ばす。殴る時はブン殴る。
ある意味裏も表もない一枚板な作風だ。

そして本作もかなり異色な作品。SF・・・かと聞かれたら結構違うかな。初めはドラえもんみたいな「冴えない少年の元に万能ロボットがやってきた」みたいな物かと思っていたが、その設定が夢オチで終わるというまさかの展開でびっくりした。

しかしミラクル7号、そもそも本当に生き物じゃないのか?

作中では正体に言及しないため全く不明。しかしもし生き物だとしたら、相当に酷な目に遭っている(登場人物達は皆ロボットか何かだと思い込んでいる)。

ミラクル7号を生き物だと思うか、ただのロボットだと思うかでまた違った印象になる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ