ここから本文です

マイ・ライフ、マイ・ファミリー (2007)

THE SAVAGES

監督
タマラ・ジェンキンス
  • みたいムービー 30
  • みたログ 268

3.29 / 評価:72件

ヒロインの自己中さと父親に関する不自然さ

  • sol***** さん
  • 2021年2月4日 18時39分
  • 閲覧数 57
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

が気になってしまった。本質的部分ではないけれどもね。

事務仕事中に自分の別の仕事をしたり、会社備品をごっそり泥棒。
不倫はまぁいいとしても、呆けた父親を見栄えのいい施設に入れたがったり、財団の戯曲オーディションに合格したと嘘をつき、それを咎められると逆切れ。
同情してくれた看護師に突発的にキスをしたり、とにかく浮ついた浅はかさばかりが悪目立ちするヒロイン。
それでも最後の老犬に関するエピソードは少しはポジ要素にはなった。とはいえ総体的な彼女に対する嫌悪感は、感動ストーリを押し付けてくるディスクパッケージ―文面を打ち消す効果が大きかったと個人的には感じた。

父親も呆けの他は致命的な疾患とかはないと受け止めていたのにあの流れは実に不自然。ご都合主義としか感じられない。

要は切実なリアリティは欠けていた印象。

肝心のテーマ「痴呆老親の問題に直面した子供たちの対処」は自身にとっても身近過ぎる事柄。その点では様々な考えと思いが廻ったのは確か。
フーッ・・・・好き嫌いの感情は抜きにしても、ため息の一つも出てくる映画ではあったかな。


2.2の二つ星

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ