ゴーン・ベイビー・ゴーン
3.7

/ 652

22%
41%
27%
7%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(231件)

切ない25.1%悲しい17.8%絶望的11.6%知的9.9%勇敢7.7%

  • NUG

    1.0

    意外性があるのに退屈

    映画として引き込まれるものがない。あぁそういうことだったんだぁって思っただけ。

  • qrq********

    2.0

    バニー・レークは行方不明 元ネタか

    バニー・レークは行方不明 元ネタか

  • hik********

    4.0

    ベン・アフレック名監督の誕生の瞬間。

    ベン・アフレックという俳優は、実に浮き沈みの多い芸能人生を辿っている。 俳優としてトップの地位にいながら、出演作は成功と失敗を繰り返し、色々あって低迷していたアフレックが、本作で満を持して挑んだ初監督作品。 あの落ち目の俳優が監督ねぇ…と嘲る人もいたかもしれないが、これがまさかの傑作だったという大サプライズ。 そもそも元々は、マット・デイモンと共同で脚本を執筆した「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」が評価されたのだから、もしかしたら裏方の方が性に合っていたのかもしれない。 さて本作、これが監督デビュー作というのが信じられないくらいの作品で、もはやビギナーズラックだとか、そんなレベルではなく、他の有名監督にも引けをとらない、並々ならぬ手腕を感じた。 練られたシナリオ、緊張感のある演出、ヘビーで社会派なテーマ性。 どれをとっても実に重厚な作品だったと思う。アカデミー賞にノミネートされなかったのが不思議なくらいだ。 大物監督の片鱗を感じざるを得なかった。そしてそれは後年の「アルゴ」で証明されることとなる。 最後に、例によって日本ではDVDスルー扱いにされたことには怒髪天を衝く想いである。

  • 1.0

    ネタバレ自己中心な男に腹がたつ二度と観たくない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • MEG

    4.0

    ネタバレ長く、ラストは余韻あり

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ケイシー・アフレックパトリック・ケンジー
ミシェル・モナハンアンジー・ジェナーロ
モーガン・フリーマンジャック・ドイル刑事
エド・ハリスレミー・ブレサント刑事
ジョン・アシュトンニック・プール刑事
エイミー・ライアンヘリーン・マックリーディ
エイミー・マディガンビー・マックリーディ
タイタス・ウェリヴァーライオネル・マックリーディ
マデリーン・オブライエンアマンダ・マックリーディ
スレインブッバ

受賞歴

LA批評家協会賞第33回

助演女優賞

NY批評家協会賞第73回

助演女優賞

基本情報


タイトル
ゴーン・ベイビー・ゴーン

原題
GONE BABY GONE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-