ここから本文です

3時10分、決断のとき (2007)

3:10 TO YUMA

監督
ジェームズ・マンゴールド
  • みたいムービー 361
  • みたログ 1,539

4.10 / 評価:703件

ラストシーンが理解出来ない

  • nak******** さん
  • 2020年3月26日 2時12分
  • 閲覧数 771
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ラストシーンまでは良かった。この展開から、どう終わるのだろうと期待しながら観てたら、「えっ!なんで?」で終わってしまった。
C・ベールもR.クロウもB・フォスターも格好良かった。
そもそもベン・ウェイドのスケベ心で捕まったのを、仲間が必死で捜し回って助けに来たのに、その仲間を皆殺しにするって頭おかしいでしょ。
護送の道中でダンを気に入り、最後に覚悟の事情を知り、その覚悟にのって捕まってやろうと思ったのは理解出来る。けど仲間はその事を知らないのだから、助けようとダンを撃つのは当然でしょ。
ダンの名誉の為に長年、苦楽を共にしてきた仲間を皆殺しにするなんて、全く理解出来ない!チャーリーなんて、めっちゃ尽くしてきた部下なのに、なんであんな殺し方をするのか。チャーリーは「助けに来たのに、何故だボス?」って思いながら死んだはず。そのボスは皆殺しにした後、満足げに囚人列車に乗って終わる?なんじゃそりゃ!アホか!
チャーリーがダンを撃ち殺した後、事の成り行きを話して「助けに来てくれたのに悪いが、この男の為に捕まる事にする」と説得して列車に乗って終わる。これもアホな終わり方だけど、まだマシだったと思う。
本当にラストまでは良かったのに。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ