レビュー一覧に戻る
最強兵器女子高生 RIKA

moc********

3.0

サムイけどそれなりに楽しめました

最近の和製ゾンビ物の流行とも言える「美少女がゾンビと戦う」系の作品です。基本コメディベースのゾンビ映画で緊迫感とかはなくユルイノリですが、それなりに楽しめました。 ただ、コメディ(というよりコントかな?)部分は三人組の会話シーン等サムくてあんまり笑えなかったですね。 ゾンビ発生が政府が開発した安楽死薬が原因なのにボスゾンビのグロリアンを倒せば全部元通りというご都合極まる設定は特撮物っぽいですね。。グロリアンの造形もショッカーの敵怪人みたいです。 ボケかけた天才外科医のおじいちゃんや臆病なゾンビオタク、おじいちゃんの財産を狙う悪女とチンピラ等それなりに個性的なキャラが揃ってますね。特に主人公達に協力してくれる理性のあるゾンビはイイ感じでした。ただ、個人的にはゾンビオタクくんにもっと活躍してほしかったな。後半かっこいいセリフ言って活躍するかと思ったらあっと言う間にやられたのは残念でした。長澤つぐみはビッチな悪女を好演してました。 ゾンビに噛まれた腕を切断してたまたま落ちていたスゴ腕(まさに)ゾンビハンターの腕をくっ付けてパワーアップという適当設定ですが、アクション監督を坂口拓が担当してるだけあってそれなりにスピード感あって楽しめました。最初のチンピラ青年がビビリながらアクロバティックにゾンビを倒す所や後半の主人公のゾンビ相手の殺陣もスタント多用ながら楽しめました。主人公とグロリアンの対決はあんま盛り上がらなかったけど。アクションシーンが思ったより少なかったのも残念です。コントみたいなシーン減らしてもっとアクションに尺を使ったら良かったのに。 グロシーンは安いながらも頑張っていました。イケメンゾンビとキスしながら舌を千切られるシーンはイイ感じでした。 ボスを倒して全て元通りになってノー天気なラストを迎えるかと思ったらそこから迎えるあんまりにも無茶苦茶なラストには失笑してしまいました。 全体的に安っぽくてサムイ出来ですが、個人的にはそれなりに楽しめました。オススメはしませんが(笑)

閲覧数597