ここから本文です

グスコーブドリの伝記 (1998)

監督
宇井孝司
  • みたいムービー 2
  • みたログ 6

3.00 / 評価:3件

はだしのゲン的な・・・

  • はぬろ~ さん
  • 2013年2月10日 15時55分
  • 閲覧数 345
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

最悪の内容であった2012版に比して、原作に忠実でよくまとまった良作ではある。
ただ、全体の雰囲気が学校で見せられる戦争映画的な暗いイメージ。
左翼教育が生んだ賜物だろう。
偉人を描くならば、明るく、楽しく、尊敬できるように描かなくてはならない。
小さな子供が見て、私もこういう人物になりたいと思わせることが大切なのである。
しかるに、終始暗い雰囲気の映像で、無残に死んでいく悲劇のみであるならば、そこには、尊敬も憧れも生まれようがないのである。
原作は偉大である。アレほどの悲劇であっても、読み終わったあとにブドリの人柄や立派さ、明るさや真面目さ。様々なものが残っている。夢がある。
偉大な作品をリメイクすることの難しさを、見ているこっちが思い知る。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ