レビュー一覧に戻る
ミスト
2008年5月10日公開

ミスト

THE MIST

R15+1252008年5月10日公開

mac********

3.0

ミストのラスト決定打

原作にはないラスト。 この結末を思いついていたら原作に使っていただろう、 「ラスト15分について口外した者、絞首刑に処す」と新聞広告に出したいくらい、 とキングが言ったのだとか・・・。 ということで言いたいことは山のようにあるが、 ・・・うーんうーん。苦しいのを我慢。 スティーヴン・キングの小説独特の薄気味悪さが 最初からビシビシ張り詰めています。 自分などは、視界を覆う霧の中に得体の知れない何かがいる、 その状況だけでじゅうぶんに恐怖を感じました。 なんというか、巧いのです。 最初はスーパーマーケットの外にある霧と"何か"が 生命を脅かす敵ですが、 次第に、マーケットの中にいる仲間である隣人たちが 狂信的で恐ろしい存在へと変化していきます。 その流れをどうしても止めることができません。 欲を言えば、霧の恐怖を後半少しだけ抑え、 人間の恐怖の部分を際立たせてほしかったかな。 デヴィッドの決断自体はそれはそれであり、なのでしょうが、 どうしても引っかかるのが そういう男ではなかったはず・・・という思い。 ラストについては、観終えた方と声を大にして語り合いたい。もう、ほんと。

閲覧数138