ここから本文です

神様のパズル (2008)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 221
  • みたログ 821

3.43 / 評価:330件

近代稀に見る良作!!

  • ran******** さん
  • 2009年1月27日 20時16分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

2008年6月7日公開された映画『神様のパズル』を見ましたー
ヤバイ
見終わった後だからテンション超高い!!
もう2回見ました!
今午前2時ですがテンションは最高超です!!
ひゃっほーーー!!!
小説『神様のパズル』を原作にしたこの映画なんですが……
オレは一切原作読んだことありません!
だから原作と比べてどーこーとか言えないんすけどこれだけは言える!
谷村美月好きな人は見とけ!!!!
うん、見とけ!!
いや、なんちゅーか……
ダメだ、冷静になれねぇ
ホントに申し訳ないんですが……
オレ谷村美月好きだからこの映画に対して正常な批評できません!
どうしても谷村美月を擁護してしまう!
くそ!
だからオレが言ってることは7割くらいで聞いといたほうがいいです!

他にもいたけど主要メンバーのこの二人以外覚えてない、ごめん
おお……
やっとこ落ち着いてきたので感想でも述べます
※ネタバレ嫌いな人はあんま見ないほうが吉
えー
この映画は『宇宙は人間の手で作れるのか?』という永遠の疑問がテーマの映画です
宇宙とかこれっぽっちも興味なかったオレですが……
見ていく内にすっかりそのテーマの魅力に引き込まれてしまいました
どうなるの? この先どうなるの? ってなります
このテーマでワクワクしない人間なんていないやろ!
反則やで!
この作品のキャッチコピーは『ロックと物理で宇宙をつくれ!』『落ちこぼれロッカーが、天才少女の孤独を溶かす。』です
オレはロック好きなんで
成「ロックと物理で宇宙つくんの!? 熱い! 熱いじゃねぇか!!」
ってな感じに期待してたんですが、ロックぜんぜん関係なかった……
まぁ、いいんですいいんです
別のおもしろさがあったから許します
キャッチコピーから分かるように「宇宙をつくっちゃえ」みたいな話なんでやたら物理学だとか天文学だとかの詳しい話が大量に出てきました
劇中では相対性理論とか反物質、超ひも理論……etc、ガチで難しいこと話始めちゃいます
しかも、周りはそれを知ってるのが当たり前だと思っている始末……ついてけねーよ!
しかーし、主人公も観客と同じで物理学をなんも知らないただのチンピラなんで一緒に学び、一緒に謎を共有できていました
ここら辺のシーンは理系の人なら絶対おもしろく感じるハズ!
だから物語が始まって前半~中盤にかけての流れは非常によかったと思います
ゼミでの宇宙を創れる派と創れない派に分かれた学生達の激しいディベート(討論)の所とかはワクワクもんでした
「文系じゃあるまいし」「文系の観念遊び・・・」等々、理系学生が文系学生を密かに軽蔑しているホンネが垣間見えて、妙にリアルな台詞が多かったです
こいつら、グローブ持たせたら殴り合い始めるんじゃないかってくらいの勢い
自分の主張を掲げての論議は、まさに言葉の格闘
思わず熱くなってしまいました
穂瑞の登場シーンも良かったです
穂瑞、全然笑わねぇし
愛想とか皆無です
でもなんか憎めないし言ってることは全部正しいしで……
必殺仕事人では見れない谷村美月が見れてオレは幸せでした
ってか青いスウェット似合い過ぎ!!
監督、アンタわかる男だね!
話を戻します
この映画の中盤~ラストにかけてなんですが……
あーゆう理屈とか考えない、感性で感じる描写も好きです
泣くのはわけわかんなかったけど、歌とかカッコよかったのは間違いないし!
市原隼人、イイ声してますよ!
惚れます!

最後の最後に穂瑞が初めて満面の笑みを浮かべるんですが、それはそれは最高の笑顔でした




そんな感じです
最初に言ったように『谷村美月好きは見るべし』
オレ的には宇宙とか全然興味ない人に見てもらいたいですね

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ